ケアプラン2表文例

ケアプラン サービス内容(文例 記入例)1400事例

居宅サービス計画書(ケアプラン)2表のサービス内容
サービス別事例集(1400事例)

今後随時追加予定!

もくじ

①デイサービス・デイケア

入浴

  • 洗身、洗髪介助及び見守り
  • 洗身・洗髪一部介助及び見守り・声かけ
  • 洗身・洗髪の見守り及び介助
  • 洗身・洗髪介助(特浴で対応)
  • 洗身、洗髪介助及び見守り(体調不良時は中止し、清拭が可能ならば清拭を行う)
  • 洗身・洗髪一部介助及び見守り・声かけ(体調不良は無理をせず介助を行う)
  • 手の届くところは自分でやってもらい、手の届かない所は職員が介助する
  • 前側は自分で洗い、後ろ側(背中やお尻)は職員が介助する
  • 必要に応じて二人で介助を行う
  • 入浴の見守り及び一部介助
  • 入浴の見守り及び声かけ
  • 特浴(機械浴)では動作の前に声掛けをする
  • 座位姿勢の保持
  • 立位姿勢の保持
  • 浴室内の移動の見守り
  • 浴室内の移動の一部介助
  • 浴槽への移乗動作の見守り
  • 浴槽への移乗動作の一部介助
  • 浴槽からの立ち上がり一部介助
  • 脱衣所の移動介助
  • 全身状態の確認 しっかり声かけを行いながら行う
  • 全身皮膚状態の確認
  • 全身または部分清拭
  • 足浴・手浴・整容
  • シャワーチェアの活用
  • バスボードの活用
  • 浴槽台の活用
  • 手すりの活用
  • 着替えの見守り及び介助
  • 着替えの見守り及び声かけ
  • 更衣・整容の介助
  • 更衣・整容の一部介助
  • 更衣・整容の見守り、声掛け
  • 衣服の着脱は健側から脱いで、患側から着る
  • 着脱しやすい衣類を選択する
  • 入浴前のバイタルチェック(血圧・体重測定)
  • 入浴後の水分補給
  • 入浴後の軟膏塗布
  • 入浴後のワセリン塗布
  • 入浴後の整容(爪切り・薬の塗布)
  • 入浴後の整髪
  • 入浴が行えない時は清拭または部分浴対応
  • 入浴できない時はシャワー浴、清拭対応
  • 入浴出来ない時の対応(手浴・足浴・軟膏塗布・清拭)
  • デイサービス利用時の着替えを準備する
  • 入浴動作のリハビリ実施

外出の機会確保・交流・アクティビティ

  • アクティビティの実施・参加
  • リハビリテーションへの参加
  • リハビリ体操の参加
  • レクリエーション・行事への参加
  • レクリエーションの参加(体操・お茶会の参加・季節行事の参加)
  • レクリエーション等に参加し、楽しい時間を過ごす。
  • 外出行事への参加
  • 活動の場への参加/声掛け/他者との交流
  • 社会的交流、アクティビティ、行事の参加
  • 趣味の活動を行う
  • 余暇活動への参加
  • 囲碁に参加する
  • 将棋に参加する
  • カラオケに参加する
  • お菓子作りに参加する
  • 園芸に参加する
  • 手芸に参加する
  • 陶芸に参加する
  • 書道に参加する
  • ゲームに参加する
  • カードゲームに参加する
  • 外出行事(買い物 花見等)に参加する
  • ティータイムを楽しむ
  • 他の利用者とコミュニケーションを取る
  • 傾聴による不安の解消
  • 会話は耳元で話しかけるようにする
  • コミュニケーションは筆談を行う
  • いろいろな人とコミュニケーションをとる
  • 利用者同士の会話を仲介する
  • 利用者と会話ができるよう働きかける
  • 会話が弾むような雰囲気づくりを行う
  • ジェスチャーで会話をする
  • スタッフとの雑談
  • 受容的な態度で接する
  • 職員が間に入って会話をサポートする
  • 職員と雑談をする
  • 他の利用者と雑談する
  • 本人の興味がある者を傾聴する
  • 本人の昔の話(仕事 子育て等)を傾聴する
  • 本人の思いを傾聴する
  • 相談対応・傾聴による不安の解消
  • 相談対応による不安の解消
  • 交流の場の情報提供
  • 趣味の会などの情報提供
  • 地域交流の場の情報提供

機能訓練・リハビリ

  • 準備体操 整理体操
  • 腰痛体操
  • ストレッチ体操
  • バランス訓練
  • メドマー
  • マシントレーニング
  • マッサージ
  • 関節マッサージ
  • 歩行訓練
  • 杖を使用しての歩行訓練
  • 歩行器を使用しての歩行訓練
  • 平行棒を使用しての歩行訓練
  • 車いすでの移動(自走)訓練
  • 移乗動作訓練
  • 屋外歩行訓練
  • 屋内歩行訓練
  • 立位バランス訓練
  • 座位バランス訓練
  • 下肢筋力のトレーニング
  • 下肢筋力の向上訓練
  • 下肢筋力アップのための歩行訓練
  • 下肢筋力アップのため歩行器を使用して訓練をする
  • 下肢筋力アップのため杖を使用して訓練する
  • 立ち上がり訓練
  • 立位保持訓練
  • 簡単なエクササイズ
  • 関節可動域訓練(上肢・下肢)
  • 関節拘縮の予防、筋力・体力の維持
  • 個別トレーニング指導
  • 機能回復訓練
  • 筋力アップ訓練
  • 筋力トレーニング
  • 筋力増強訓練(上肢・下肢)
  • 個別機能維持訓練
  • 拘縮予防のマッサージ
  • 座位保持訓練
  • 立位保持訓練
  • 寝返りや座位保持の訓練
  • 作業療法士による日常生活動作訓練
  • 排泄動作のリハビリ
  • 入浴動作のリハビリ
  • 階段昇降のリハビリ
  • 段差昇降のリハビリ
  • 食事動作のリハビリ
  • 衣類の着脱動作リハビリ
  • 園芸療法
  • 音楽療法
  • 作業療法
  • 趣味活動の参加
  • 柔軟体操に参加
  • 口腔体操に参加
  • 健康体操に参加
  • 健口体操に参加
  • 家族に訓練方法の助言・指導
  • 脳トレーニング
  • 歩行補助用具の選定
  • リハビリシューズの着用
  • リハビリシューズの選定
  • リハビリメニューを作成する
  • リハビリの評価を行う
  • リハビリ目標を一緒に考える
  • 身体機能を維持する為、体を動かす機会を増やす
  • 定期的に運動をして柔軟な体作りをする
  • 和室で床からの起き上がり・床への座り動作訓練

食事

  • 食事の一部介助・見守り・声掛け
  • 食事の見守り及び介助、
  • 食事介助
  • 食事の自力摂取を促す・声掛け・見守り
  • 自分で食べられない時は介助する
  • できる限り自分で食べてもらうようにするが、難しい場合は介助する
  • 食事中に声掛けをする
  • 食事形態の検討(刻み とろみ)
  • 食事姿勢の保持(椅子とテーブルの高さ調整)
  • 食事中に座位が保てるように、椅子やクッションを工夫する
  • 食事中の姿勢(座位)を検討する(座面の高さや テーブルの高さ)
  • 座席の配置に配慮する
  • 食事を一緒に食べる
  • 食事量・水分量の確認
  • 少しでも自分で食べられる様に食器を工夫する
  • 少しでも自分で食べられる様に食事形態を工夫する
  • 食べやすい食器の工夫をする
  • 食べやすい食事形態の工夫をする(刻み食 とろみ食 やわらか食)
  • 食べやすい、飲み込みしやすい献立の工夫
  • 栄養管理(カロリー 塩分等)
  • 食後の口腔ケア
  • 食後の歯磨き、うがいの声かけ
  • 食後の歯磨き介助
  • 服薬の声かけ・見守り
  • 薬を手渡す

排泄

  • 排泄の声掛け、見守り、一部介助
  • 排泄介助・紙パンツの交換・着替えの介助
  • 排泄後の後始末を行う
  • ズボンおよびパンツの上げ下げ介助
  • パット交換
  • オムツ交換
  • 定時のオムツ交換
  • 陰部の洗浄
  • 陰部の清拭
  • 定期的なトイレ誘導・声かけ
  • 定時のトイレ誘導・声掛け
  • 〇時間ごとのトイレ誘導・声かけ
  • 排泄間隔の把握
  • 排泄パターンの把握
  • 便座への移乗介助
  • 排泄動作介助・見守り
  • 便座への立ち座りの一部介助
  • 便座への移乗介助
  • 汚染した衣類、シーツ、布団の交換
  • 更衣(紙パンツの交換)見守り及び介助
  • 清拭(汚染がひどい時はおしりを洗う)
  • トイレに行くタイミングを把握して声かけをする
  • 落ち着かない状況になったらトイレ誘導する
  • 尿量の確認
  • 尿の色の確認
  • 尿漏れの確認
  • 腹部膨満感・残尿感の確認
  • 看護師による留置カテーテルの交換
  • 看護師による尿量・尿の色確認
  • 尿バッグ内の尿の廃棄
  • カテーテルが抜けていないか確認
  • 尿器を使用して排泄する
  • 自己導尿の声かけ・トイレ誘導
  • カテーテルの挿入・消毒
  • 自己導尿の必要物品準備
  • ポータブルトイレでの排泄介助
  • ポータブルトイレの設置(移乗しやすい位置)

服薬

  • 服薬確認(用法・用量・副作用の確認)
  • 服薬の声かけ・見守り
  • 確実な薬の内服(残薬がないか確認)
  • 服薬介助の際に日付(朝昼夕)・名前を必ず確認する
  • 誤薬があった場合、速やかに主治医・薬剤師・ケアマネに報告する
  • 確実な薬の内服(服薬確認・お薬カレンダーの活用)

送迎

  • 送迎時に利用者の状態を観察・把握する
  • 職員は緊急時、迅速に対応できる位置に着席する
  • 安全・安楽に送迎できる座席を検討する
  • 車輛への乗降介助
  • ステップを活用して安全に乗降する
  • 手すりを活用して安全に乗降する
  • 座席への声かけ・誘導
  • 杖・荷物を預かる
  • 車いすで安全に車両への乗降を行う
  • リフトを活用して安全に乗降する
  • 送迎時に家族へ連絡を入れる
  • 送迎中の事故の対応策・連絡先を決めておく

②ホームヘルパー

生活援助

買物援助

  • 買物するもの(必要物品)の聞き取り
  • 日用品の買い物
  • 食材の買い物
  • 1週間分の食材を確保する
  • 買い物・(食材・日常生活必需品) 食材については、本人に確認(相談)し 購入する
  • 買い物等支援(本人と一緒に買い物に行く。)
  • 体調が良いときは買い物に同行
  • 献立の作成・説明
  • 献立・メニューの作成
  • ヘルパーと一緒に買い物にいき、自分で商品を選んでもらう

調理援助

  • 調理援助(栄養価の高いものを作る)
  • 調理の下ごしらえ
  • 調理(固いものだけはヘルパーがカットする)
  • 食事の準備(朝食・夕食)
  • 食事の片付け
  • 配膳・下膳
  • 食事の見守り
  • 食器の後片づけ
  • 食器洗浄
  • 食事時、水分補給時の見守り、声掛け
  • 自分で出来る調理等は行う
  • 冷蔵庫内の確認(食材の日付の確認・片付けおよび処分)
  • 冷蔵庫内の整理
  • ヘルパーと一緒に調理をする(簡単な調理)
  • ヘルパーと一緒に献立を考える
  • 食べやすい、飲み込みしやすい献立の工夫
  • 消化の良い食事を作る
  • 塩分や油分を控えた食事を作る
  • カロリーを抑えた食事を作る

ゴミ捨て

  • ゴミ捨て(燃えないゴミ)
  • ゴミ捨て(ペットボトル 缶)
  • ゴミ捨て(燃えるゴミ)
  • ゴミ捨て(新聞・雑誌等)
  • ゴミの分別(燃えるゴミ 燃えないゴミ 古紙等)
  • ゴミ収集
  • 自分でできない時にゴミ捨てを行う

掃除

  • 掃除(居室)
  • 掃除(トイレ)
  • 掃除(寝室)
  • 掃除(台所)
  • 掃除(浴室)
  • 掃除(玄関)
  • 掃除(廊下)
  • 掃除(洗面所)
  • 掃除中の換気
  • 掃除後の室温調整
  • 床のモップがけ
  • 掃除機がけ
  • 台所の片付け

ベッドメイク 衣類整理

  • シーツ交換(本人にも声をかけ できる事を行ってもらう )
  • シーツ交換(ベッドにある物の移動)
  • シーツ交換(ベッドの掃除)
  • 布団カバーの交換
  • 枕カバーの交換
  • ベッドメイク
  • 布団干し
  • 布団の上げ下ろし
  • 布団の収納
  • 衣類整理
  • 衣類の整理(自分でできるところはしてもらう)
  • 衣類の整理等
  • 外出の準備
  • 身の回りの整理整頓

洗濯

  • 洗濯(乾燥)
  • 洗濯援助(洗濯・洗濯干し・取り込み・収納)
  • 洗濯干し
  • 洗濯支援(自分でできるように声掛け見守りを行う)
  • 洗濯ものをたたむ
  • 洗濯ものをたたんでタンスに収納する
  • タンスの整理・収納
  • アイロンをかける

整容介助

  • 洗顔の声掛け・見守り
  • 歯磨きの声掛け・見守り
  • 整髪の声かけ・見守り
  • 爪切りの一部介助
  • ひげそりの声かけ・見守り

服薬

  • カレンダーの準備(書き込み可能なものを準備する)
  • 服薬確認(用法・用量・副作用の確認)
  • 服薬の声かけ・見守り
  • 確実な薬の内服(残薬がないか確認)
  • 薬を手渡す際に日付(朝昼夕)・氏名を必ず確認する
  • 誤薬があった場合、速やかに主治医・薬剤師・ケアマネに報告する
  • 確実な薬の内服(服薬確認・お薬カレンダーの活用)

身体介護

入浴介助

  • 洗身、洗髪介助及び見守り
  • 洗身・洗髪一部介助及び見守り・声かけ
  • 洗身・洗髪の見守り及び介助
  • 洗身、洗髪介助及び見守り(体調不良時は中止し、清拭が可能ならば清拭を行う)
  • 洗身・洗髪一部介助及び見守り・声かけ(体調不良は無理をせず介助を行う)
  • 手の届くところは自分でやってもらい、手の届かない所はヘルパーが介助する
  • 前側は自分で洗い、後ろ側(背中やお尻)はヘルパーが介助する
  • 必要に応じて二人で介助を行う
  • 入浴の見守り及び一部介助
  • 入浴の見守り及び声かけ
  • 入浴出来ない時は清拭や部分浴で対応する
  • 浴室内の移動の見守り
  • 浴室内の移動の一部介助
  • 浴槽への移乗動作の見守り
  • 浴槽への移乗動作の一部介助
  • 浴槽からの立ち上がり一部介助
  • 脱衣所の移動介助
  • 全身状態の確認 しっかり声かけを行いながら行う
  • 全身皮膚状態の確認
  • 全身または部分清拭
  • 足浴・手浴・整容
  • 着替えの見守り及び介助
  • 着替えの見守り及び声かけ
  • 更衣・整容の介助
  • 更衣・整容の一部介助
  • 更衣・整容の見守り、声掛け
  • 衣服の着脱は健側から脱いで、患側から着る
  • 着脱しやすい衣類を選択する
  • 入浴前のバイタルチェック(血圧・体重測定)
  • 入浴後の水分補給
  • 入浴後の軟膏塗布
  • 入浴後のワセリン塗布
  • 入浴後の整容(爪切り・薬の塗布)
  • 入浴後の整髪
  • 入浴が行えない時は清拭または部分浴対応
  • 入浴できない時はシャワー浴、清拭対応
  • 入浴出来ない時の対応(手浴・足浴・軟膏塗布・清拭)

食事介助

  • 食事の一部介助・見守り・声掛け
  • 食事の見守り及び介助、
  • 食事介助
  • 食事介助(少量ずつ介助する)
  • 食事介助(声かけをしながら行う)
  • 食事の自力摂取を促す・声掛け・見守り
  • 自分で食べられない時は介助する
  • できる限り自分で食べてもらうようにするが、難しい場合は介助する
  • 食事中に声掛けをする
  • 食事形態の検討(刻み とろみ)
  • 食事姿勢の保持(椅子とテーブルの高さ調整)
  • 食事中に座位が保てるように、椅子やクッションを工夫する
  • 食事中の姿勢(座位)を検討する(座面の高さや テーブルの高さ)
  • 座席の配置に配慮する
  • 少しでも自分で食べられる様に食器を工夫する
  • 食べやすい食器の工夫をする

排泄介助

  • 排泄の声掛け、見守り、一部介助
  • 排泄介助・紙パンツの交換・着替えの介助
  • 排泄後の後始末を行う
  • ズボンおよびパンツの上げ下げ介助
  • パット交換
  • オムツ交換
  • 体位交換
  • 定時のオムツ交換
  • 定期的なトイレ誘導・声かけ
  • 定時のトイレ誘導・声掛け
  • 排泄間隔の把握
  • 排泄パターンの把握
  • 便座への移乗介助
  • 排泄動作介助・見守り
  • 便座への立ち座りの一部介助
  • 便座への移乗介助
  • 汚染した衣類、シーツ、布団の交換
  • 更衣(紙パンツの交換)見守り及び介助
  • 清拭(汚染がひどい時はおしりを洗う)
  • トイレに行くタイミングを把握して声かけをする
  • 落ち着かない状況になったらトイレ誘導する
  • 尿量の確認
  • 腹部膨満感・残尿感の確認
  • 尿量・尿の色確認
  • 尿バッグ内の尿の廃棄
  • カテーテルが抜けていないか確認
  • 尿器を使用して排泄する
  • 自己導尿の声かけ・トイレ誘導
  • ポータブルトイレでの排泄介助
  • ポータブルトイレの後始末

通院介助

  • 通院の準備(着替え 受診票 保険証等)
  • 通院の付き添い
  • 履物の準備
  • 車いすの準備
  • 歩行補助用具の準備(杖・歩行器)
  • 車いすの片付け
  • 歩行補助用具の片付け(杖・歩行器)
  • 受診の手続き
  • 受診の予約・手続き
  • タクシーの手配
  • 次回通院の予約
  • 医師からの説明を聞く
  • 医師への情報提供
  • 診察室にて医師の診断を聞く
  • 診察・治療費用の支払い
  • 医師からの情報を家族やケアマネに伝達する
  • 薬の受け取り
  • 病院内の移動、乗降介助
  • 診察の立会い
  • 体調確認
  • 服薬の声掛け
  • 薬カレンダーの確認
  • 薬の服用を習慣づける。
  • 薬の受け取り

起床時の介助・外出介助

  • 起床時の介助
  • ベッドでの端座位確保
  • 起きあがり介助
  • 移動介助
  • ベッドからの移動介助
  • 居室内の移動介助
  • 室内歩行の一部介助
  • 外出介助
  • タクシーの手配
  • 移動補助用具の準備(歩行器 杖)
  • 移動用具の準備(車いす)
  • 移動補助用具の片付け(歩行器 杖)
  • 移動用具の片付け(車いす)
  • 履物の準備
  • デイサービスの送り出し準備

家族への指導・援助

  • 家族への介護方法を指導・説明する
  • 家族への相談援助
  • 家族に対する解ご指導
  • 家族に対する必要な情報提供

③訪問看護・居宅療養管理指導・病院受診

糖尿病

  • 服薬介助
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • インシュリン注射のメモリ設定
  • 自己注射見守り
  • 血糖値の測定見守り
  • 血糖値管理ノート記入し通院時持参
  • インスリン自己注射、血糖値の測定
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)
  • 低血糖時の対応
  • 食事量の管理、塩分などに配慮した献立の作成
  • 配食の糖尿病食を活用する
  • 診察・薬の処方
  • 服薬管理方法と副作用の説明
  • 身体の状態観察/治療食の提供/服薬援助/水分摂取を促す
  • 健康管理(体重測定・血圧測定・血糖値測定)
  • 身体の状態観察/水分摂取を促す
  • 定期的に病院受診をし、医師の診察を受ける
  • インシュリン注射を行う
  • 家族へのインシュリン注射の説明および指導
  • 家族に対して血糖値測定方法を説明・指導する
  • 確実に服薬できるようにする
  • 食事の管理を行う食事量を調節する・栄養管理を行う・糖分・塩分・コレステレールが高いものを避ける)
  • 体を動かす習慣をつける(無理のない範囲で)
  • 食事・栄養指導
  • 食事管理
  • 糖尿食の提供(〇〇キロカロリー)
  • 糖尿食の献立などを情報提供する
  • 内服薬の処方及び確認
  • 毎日〇〇まで散歩をする

心不全 心筋梗塞 不整脈

  • 食事量をコントロールし体重の増加を防ぐ
  • 定期的に体重を測定する
  • 定期的に血圧を測定する
  • 減塩された食事を摂る
  • 水分量を制限する
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 確実に服薬できるようにする
  • 適度な運動を行う(心臓に負担がかからない範囲で)
  • ストレスがたまらないように、気の合う仲間と会話をする
  • 緊急時の対応をあらかじめ決めておく
  • 食事量をコントロールし体重の増加を防ぐ

高血圧

  • 主治医の診察・薬の処方
  • 健康チェック(栄養面、水分量の確認)・服薬確認・受診介助
  • バイタルチェック(血圧 体重測定)
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)
  • 定期的な血圧チェック
  • 食事、栄養指導
  • 主治医による指示・指導
  • 定期的な運動を行う
  • 体重が増えないように栄養管理を行う
  • 減塩された食事を摂る
  • 定期的に病院受診することで、医師の医学管理を受ける
  • 1日1回は血圧を測定する
  • 確実に服薬できるようにする
  • ストレスがたまらないように、気の合う仲間と会話をする
  • 無理のない範囲で運動を行う
  • 薬の処方
  • 服薬介助・声掛け
  • 服薬状況の確認(お薬カレンダー)
  • 服薬方法の指導
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 医師の指示による高血圧の治療および薬の処方
  • 定期的な血圧・体重測定
  • 栄養指導(食事量 水分量の把握)
  • 減塩食の提供
  • 塩分や油分の多い食事を控える
  • 血圧測定および定期的に血圧数値を主治医へ報告する

脳血管疾患

  • 医師の指示による高血圧の治療および薬の処方・療養における助言
  • 服薬管理および指導
  • 定期的な体重測定、血圧測定
  • 食生活の改善(カロリーや塩分を制限する)
  • 適度に体を動かし、運動不足を解消する
  • 手すりの取り付け及び段差を解消する
  • 移動時は杖及び歩行器を使用する
  • 医師の指示による高血圧の治療および薬の処方・療養における助言
  • 服薬管理および指導
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 栄養管理および指導
  • 運動の機会を確保する
  • 診療・薬の処方・健康管理
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)
  • 体調確認・栄養、水分の確認
  • 塩分量に配慮した食事の提供
  • 薄味の食事を提供する
  • 減塩食の献立や調理についての情報提供
  • 水分量の確認(1日〇〇〇〇CC)
  • 定期受診・服薬確認
  • 定期的な運動機会を確保する

嚥下障害 構音障害

  • 口腔ケアの実施
  • 口腔体操の実施
  • 食事形態の検討
  • 食事中の見守り、声掛け
  • 家族や知人との会話を継続する
  • 口腔ケアの実施
  • 言語リハビリテーションの実施

浮腫

  • 浮腫が見られる際は、足をあげたり、横になる時間を作る
  • 適度な運動を行う(心臓に負担がかからない範囲で)
  • 水分や塩分量を調節する
  • 足を締め付けない靴や靴下を選ぶ
  • 表皮剥離に注意する
  • 定期的に血流促進のマッサージを受ける
  • 医師の診察、服薬指導を受ける
  • 1日の尿量や頻度(間隔)を調べ、医師に報告する
  • 定期的に体重測定を行う
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)

便秘

  • 適度な運動を行う
  • 毎日十分な水分摂取量を確保する
  • 便秘にならない食事を摂る
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 繊維質の食事を適度に摂る
  • 排便がない場合は下剤を服用する
  • 排泄時、トイレの便座に座り、しっかりと腹圧をかけられるようにする

パーキンソン病

  • 定期的な受診による医師からの指導を受ける
  • 病状観察 医師への報告
  • 緊急時の連絡体制確保
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 手の振戦があるため、食事や排泄時の見守りと一部介助
  • 誤嚥を予防するために食事形態を検討する
  • ON・OFF現象を観察し、状況に応じた介護を行う
  • 歩行訓練(痛みに配慮しながら行う)
  • 小刻み歩行、前傾姿勢になりやすいので、歩行時には見守りを行う
  • 生活リハビリテーション
  • 関節や筋肉が固まらないようにできる限り体を動かす
  • 自宅内の環境整備
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)

呼吸器系疾患

  • 医師による医学管理(呼吸器疾患の治療と薬の処方)
  • 健康管理と生活指導(栄養面・服薬面)
  • 定期的にSPO2の測定および医師への報告
  • 在宅酸素の定期的なメンテナンス
  • 在宅酸素の取り扱いや管理についての指導・説明
  • 酸素ボンベの残量確認と注文
  • 緊急時の連絡体制確保
  • 呼吸器のリハビリテーション
  • 居室内の清掃や換気を行う
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)
  • 顔色や呼吸状態を確認する
  • 栄養、水分の確認
  • 医師による診察・指導
  • 服薬介助および服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 在宅酸素の定期的なメンテナンスと酸素ボンベの補給
  • 酸素ボンベのトラブル発生時の対応
  • 緊急時の対応をあらかじめ決めておく
  • 日常生活において呼吸苦がないかを確認する
  • 居室内の清掃や換気を行う

誤嚥性肺炎

  • 往診、薬の処方、緊急時の指示・対応、生活指導
  • 体調管理、(栄養剤・水分)・服薬介助・口腔ケア
  • 病状の観察・皮膚の状態観察・療養相談・家族指導、緊急時の対応・予後予測
  • 誤嚥性肺炎の予防、嚥下訓練、家族への指導、必要時痰の吸引
  • 日常生活の相談、サービス調整
  • 体調確認・服薬指導・薬の管理
  • 顔色や呼吸状態を確認する
  • レスパイト入院
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)

骨折 骨粗鬆症

  • 定期的に病院受診する(診察・治療・内服処方)
  • 痛みのない体位のアドバイス
  • 痛みの緩和マッサージ
  • 定期的に運動の機会を確保する
  • 段差解消 ・手すりの取り付け
  • 履きやすく、転倒しにくい靴(シューズ)を検討する
  • カルシウムを多く含む食事を摂る
  • 段差の解消および手すりの取り付け
  • 下肢筋力向上のためのリハビリ
  • 骨粗鬆症治療薬の内服および注射
  • 骨密度を維持する為の食事を摂る(ルシウムやビタミンD)
  • 骨密度を測定する
  • 定期的に日光に当たる

リウマチ

  • 医師により診察・治療
  • 通院介助
  • 生活指導
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)
  • 栄養管理(カルシウム ビタミンD)
  • 入浴でのマッサージ
  • 衣類の選択(着脱しやすいもの)
  • 服薬管理・服薬確認
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 関節が拘縮しないようにストレッチを行う
  • 朝の時間帯は症状が重いので、ヘルパーの家事援助を受ける
  • 下肢筋力が低下しないように、外出の機会を確保する
  • 定期的に入浴することで血流の改善と痺れ、痛みの症状を緩和する
  • 衣類は着脱しやすいものを選ぶ
  • 定期的に病院受診し、医師の診察、処方を受ける

褥瘡

  • 医師の指示に基づく褥瘡の治療
  • 患部の除圧を行う(除圧マットレスの導入・全身状態の観察・定期的な体位変換)
  • 体圧分散マットレスの導入
  • 栄養改善
  • 体位交換
  • 定期的な体位交換
  • 皮膚の清潔を保つ(患部の洗浄・全身状態の観察・皮膚を傷つけないように洗浄する)
  • 医師の指示に基づく褥瘡の処置
  • 定期的な体位変換
  • 栄養状態を改善する
  • 栄養価の高い食事の提供
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 家族の付き添いのもと受診をする
  • 受診時に医師・看護師から褥瘡治癒に関する指示を受け、家族が適切な処置を実施する
  • 定期的に褥瘡の処置の実施
  • 予後予測
  • 主治医に状況の説明報告・処置指示を受ける
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)
  • 臀部や仙骨部など褥瘡ができやすい部位の観察
  • 褥瘡になりそうな部位を定期的に観察する
  • 褥瘡患部の洗浄および処置

脊柱管狭窄症

  • 定期的に病院受診を行う
  • 医師からの助言、アドバイス
  • 薬の処方
  • 鎮痛剤の処方
  • 温熱療法
  • コルセットを着用する
  • 服薬管理、服薬確認
  • 痛みや負担の無い範囲でストレッチを行う
  • 変形性膝関節症
  • 服薬管理、服薬確認
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 安全に生活できる生活環境を整備する(手すりの取り付け)
  • 移動時に杖及び歩行器を使用する
  • 膝に負担がかからない程度に運動や体操を行う
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)

高次能機能障害

  • コミュニケーション方法の確立
  • 一つ一つゆっくりと話をする
  • ゆっくりと話をする
  • 話を傾聴する
  • 健康状態の観察と療養生活の助言
  • 心理的なサポート
  • リハビリテーション
  • 予後予測
  • 介護技術指導や家族の相談対応
  • 一日・週間のスケジュール表を作成する

経管栄養

  • 口腔ケアの実施
  • 栄養剤の注入
  • 水分の注入
  • 医療処置・治療上の看護(痰の吸引・吸入、胃瘻の管理、チューブ類の交換)
  • 家族の相談支援
  • 胃ろう周辺の清拭
  • 胃ろう部分の異常確認
  • 胃ろうに関する相談対応
  • 定期受診
  • 診察・検査・内服調整・健康相談・病状説明など
  • 全身状態の観察(腹部の膨満 呼吸状態 下痢)
  • 緊急時の対応
  • 顔色や呼吸状態を確認する
  • 定時の導尿や排泄介助
  • 定期的な体位交換(褥瘡予防)
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)

吸引

  • 主治医による診察、薬の処方
  • 吸引および口腔ケア
  • 痰の吸引
  • 顔色や呼吸状態を確認する
  • 体調観察(発熱・痰の色、量)
  • 顔色や呼吸状態を確認する
  • 感染を防ぐ為に処置(器具及び手指の消毒、洗浄
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)

留置カテーテル

  • 主治医による診察・治療
  • 健康管理(栄養面、水分量の確認)
  • 尿の観察(量・色・浮遊物)および医師への報告
  • 病状の観察(発熱 痛み 下腹部の膨満 皮膚の状態)
  • 陰部の清潔を保つために、清拭を行う
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)
  • 予後予測
  • 必要に応じて入院できるようにする
  • カテーテル交換
  • カテーテルの取り扱い方法についての指導・説明

うつ病 統合失調症

  • 話しの傾聴
  • 安否確認・声掛け
  • 定期的に日光浴を行う
  • 治療・薬の処方
  • 専門医によるアドバイス
  • 服薬コントロール
  • 幻覚や妄想などの症状が出た場合、医師に速やかに報告する

逆流性食道炎

  • 心身の状態の観察
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)
  • 食後はしばらく起きるようにする
  • 送迎時、服薬の確認(本人と一緒に服薬の確認・声掛け)
  • 通院介助

ALS

  • 定期受診による、医師の診察、処方を受ける
  • 痰の吸引
  • 人工呼吸器の使用・管理
  • 食べやすい食事形態の工夫を行う
  • コミュニケーション手段の確立
  • 文字盤の使用
  • パソコンの使用
  • 筆談でのコミュニケーション
  • 服薬管理、服薬確認
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 介護者に代わり排泄介助を行う
  • 介護者の相談支援(話の傾聴)
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)

がん

  • 主治医による診察
  • 病状管理/身体の皮膚状態の観察
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)
  • 疼痛緩和・疼痛の確認
  • 顔色や呼吸状態を確認する
  • 必要に応じてレスパイト入院
  • 病状観察(意識レベル・呼吸状態)
  • 医師への病状報告(定時と緊急時)
  • 緊急時の対応と連絡先の確認
  • 24時間対応の連絡体制を確保する
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 病状観察/身体の状態観察/食事療法の実施
  • 話しの傾聴 声掛け

慢性腎不全

  • 主治医による診察
  • 身体(健康)状態の確認及び把握
  • 内服薬の処方及び確認
  • 服薬の管理(用法・用量・副作用等の確認)
  • 定期的な受診
  • 必要時の受診
  • 食事のコントロール(水分・塩分・カリウムの制限)
  • 腎臓食の提供(〇〇キロカロリー)
  • 腎臓食の献立などを情報提供する
  • バイタルチェック(脈拍 体温 血圧測定)

緊急時の対応

  • 緊急連絡体制の名簿を作成する
  • 緊急時の対応(24時間)
  • 緊急連絡先の確保
  • 緊急通報装置の利用
  • 緊急時の対応方法についての指導および説明
  • 緊急時には近隣住民に駆けつけてもらうよう依頼する
  • 緊急連絡先を電話の近くに掲示する
  • 緊急連絡先や服薬内容を冷蔵庫に掲示する

その他

  • 残薬の確認
  • 関節のマッサージ
  • 人工肛門の管理および清潔保持
  • 人工肛門の観察
  • パウチ交換
  • 病状の把握および予後予測
  • 病状に対する不安を軽減する(相談支援)

④ショートステイ

介護者の負担軽減

  • ショートステイの利用による介護者の負担軽減
  • 介護者が自分の時間を作る
  • 介護者に対する相談支援
  • 介護者に代わって日常の介護を行う
  • 定期的なショートステイの利用による介護者の負担軽減
  • 必要に応じてショートステイの利用を提案する
  • 緊急時にショートステイの利用が可能にする
  • 介護者の体調不良時に緊急ショートステイが利用できるようにする
  • 風水害時にショートステイの利用ができるようにする
  • 台風の接近時にショートステイが利用できるようにする
  • ロングショートステイの利用
  • ロングショートステイを利用し特養の空きが出るのを待つ
  • 介護者のレスパイトのためショートを利用する
  • 介護者の出張時にショートステイを利用する
  • 介護者の旅行時にショートステイを利用する

入浴

  • 洗身、洗髪介助及び見守り
  • 洗身・洗髪の見守り及び介助
  • 洗身・洗髪介助(特浴で対応)
  • 洗身、洗髪介助及び見守り(体調不良時は中止し、清拭が可能ならば清拭を行う)
  • 洗身・洗髪一部介助及び見守り・声かけ(体調不良は無理をせず介助を行う)
  • 手の届くところは自分でやってもらい、手の届かない所は職員が介助する
  • 前側は自分で洗い、後ろ側(背中やお尻)は職員が介助する
  • 必要に応じて二人で介助を行う
  • 入浴の見守り及び一部介助
  • 入浴の見守り及び声かけ
  • 特浴(機械浴)では動作の前に声掛けをする
  • 座位姿勢の保持
  • 立位姿勢の保持
  • 浴室内の移動の見守り
  • 浴室内の移動の一部介助
  • 浴槽への移乗動作の見守り
  • 浴槽への移乗動作の一部介助
  • 浴槽からの立ち上がり一部介助
  • 脱衣所の移動介助
  • 全身状態の確認 しっかり声かけを行いながら行う
  • 全身皮膚状態の確認
  • 全身または部分清拭
  • 足浴・手浴・整容
  • シャワーチェアの活用
  • バスボードの活用
  • 浴槽台の活用
  • 手すりの活用
  • 着替えの見守り及び介助
  • 着替えの見守り及び声かけ
  • 更衣・整容の介助
  • 更衣・整容の一部介助
  • 更衣・整容の見守り、声掛け
  • 衣服の着脱は健側から脱いで、患側から着る
  • 着脱しやすい衣類を選択する
  • 入浴前のバイタルチェック(血圧・体重測定)
  • 入浴後の水分補給
  • 入浴後の軟膏塗布
  • 入浴後のワセリン塗布
  • 入浴後の整容(爪切り・薬の塗布)
  • 入浴後の整髪
  • 入浴が行えない時は清拭または部分浴対応
  • 入浴できない時はシャワー浴、清拭対応
  • 入浴出来ない時の対応(手浴・足浴・軟膏塗布・清拭)

外出の機会確保・交流・アクティビティ

  • アクティビティの実施・参加
  • リハビリテーションへの参加
  • リハビリ体操の参加
  • レクリエーション・行事への参加
  • レクリエーションの参加(体操・お茶会の参加・季節行事の参加)
  • レクリエーション等に参加し、楽しい時間を過ごす。
  • 外出行事への参加
  • 活動の場への参加/声掛け/他者との交流
  • 社会的交流、アクティビティ、行事の参加
  • 趣味の活動を行う
  • 余暇活動への参加
  • 囲碁に参加する
  • 将棋に参加する
  • カラオケに参加する
  • お菓子作りに参加する
  • 園芸に参加する
  • 手芸に参加する
  • 陶芸に参加する
  • 書道に参加する
  • ゲームに参加する
  • カードゲームに参加する
  • 外出行事(買い物 花見等)に参加する
  • ティータイムを楽しむ
  • 他の利用者とコミュニケーションを取る
  • 傾聴による不安の解消
  • 会話は耳元で話しかけるようにする
  • コミュニケーションは筆談を行う
  • いろいろな人とコミュニケーションをとる
  • ジェスチャーで会話をする
  • スタッフとの雑談
  • 受容的な態度で接する
  • 職員が間に入って会話をサポートする
  • 職員と雑談をする
  • 他の利用者と雑談する
  • 相談対応・傾聴による不安の解消
  • 相談対応による不安の解消
  • 交流の場の情報提供
  • 趣味の会などの情報提供
  • 地域交流の場の情報提供

機能訓練・リハビリ

  • 準備体操 整理体操
  • ストレッチ体操
  • バランス訓練
  • メドマー
  • マシントレーニング
  • マッサージ
  • 歩行訓練
  • 杖を使用しての歩行訓練
  • 歩行器を使用しての歩行訓練
  • 車いすでの移動(自走)訓練
  • 移乗動作訓練
  • 屋外歩行訓練
  • 屋内歩行訓練
  • 立位バランス訓練
  • 座位バランス訓練
  • 下肢筋力のトレーニング
  • 下肢筋力の向上訓練
  • 立ち上がり訓練
  • 立位保持訓練
  • 簡単なエクササイズ
  • 関節可動域訓練(上肢・下肢)
  • 関節拘縮の予防、筋力・体力の維持
  • 個別トレーニング指導
  • 機能回復訓練
  • 筋力アップ訓練
  • 筋力トレーニング
  • 筋力増強訓練(上肢・下肢)
  • 個別機能維持訓練
  • 拘縮予防のマッサージ
  • 座位保持訓練
  • 立位保持訓練
  • 寝返りや座位保持の訓練
  • 作業療法士による日常生活動作訓練
  • 排泄動作のリハビリ
  • 入浴動作のリハビリ
  • 階段昇降のリハビリ
  • 段差昇降のリハビリ
  • 食事動作のリハビリ
  • 衣類の着脱動作リハビリ
  • 園芸療法
  • 音楽療法
  • 作業療法
  • 趣味活動の参加
  • 柔軟体操に参加
  • 口腔体操に参加
  • 健康体操に参加
  • 健口体操に参加
  • 家族に訓練方法の助言・指導
  • 脳トレーニング
  • 歩行補助用具の選定
  • リハビリシューズの着用
  • リハビリシューズの選定
  • 身体機能を維持する為、体を動かす機会を増やす
  • 定期的に運動をして柔軟な体作りをする
  • 和室で床からの起き上がり・床への座り動作訓練

食事

  • 食事の一部介助・見守り・声掛け
  • 食事の見守り及び介助、
  • 食事介助
  • 食事の自力摂取を促す・声掛け・見守り
  • 食べ残しが多い場合の見守り・声かけ
  • 自分で食べられない時は介助する
  • できる限り自分で食べてもらうようにするが、難しい場合は介助する
  • 食事中に声掛けをする
  • 食事形態の検討(刻み とろみ)
  • 食事姿勢の保持(椅子とテーブルの高さ調整)
  • 食事中に座位が保てるように、椅子やクッションを工夫する
  • 食事中の姿勢(座位)を検討する(座面の高さや テーブルの高さ)
  • 食事量および水分量の把握・記録
  • 座席の配置に配慮する
  • 配膳・下膳
  • 配膳や下膳の声かけ・見守り
  • 少しでも自分で食べられる様に食器を工夫する
  • 少しでも自分で食べられる様に食事形態を工夫する
  • 食べやすい食器の工夫をする
  • 食べやすい食事形態の工夫をする(刻み食 とろみ食 やわらか食)
  • 栄養管理(カロリー 塩分等)
  • 食後の口腔ケア
  • 食後の服薬介助
  • 食後の服薬声かけ

排泄

  • 排泄の声掛け、見守り、一部介助
  • 排泄介助・紙パンツの交換・着替えの介助
  • 排泄後の後始末を行う
  • ズボンおよびパンツの上げ下げ介助
  • パット交換
  • オムツ交換
  • 定時のオムツ交換
  • 定期的なトイレ誘導・声かけ
  • 定時のトイレ誘導・声掛け
  • 夜間はポータブルトイレを使用する
  • ポータブルトイレでの排泄介助
  • ポータブルトイレの設置(移乗しやすい位置に置く)
  • 夜間はオムツを使用する
  • 排泄間隔の把握
  • 排泄パターンの把握
  • 便座への移乗介助
  • 排泄動作介助・見守り
  • 便座への立ち座りの一部介助
  • 便座への移乗介助
  • 汚染した衣類、シーツ、布団の交換
  • 更衣(紙パンツの交換)見守り及び介助
  • 清拭(汚染がひどい時はおしりを洗う)
  • トイレに行くタイミングを把握して声かけをする
  • 落ち着かない状況になったらトイレ誘導する
  • 尿量の確認
  • 腹部膨満感・残尿感の確認
  • 看護師による留置カテーテルの交換
  • 看護師による尿量・尿の色確認
  • 尿バッグ内の尿の廃棄
  • カテーテルが抜けていないか確認
  • 尿器を使用して排泄する
  • 自己導尿の声かけ・トイレ誘導
  • カテーテルの挿入・消毒
  • 自己導尿の必要物品準備

服薬

  • 服薬確認(用法・用量・副作用の確認)
  • 服薬の声かけ・見守り
  • 確実な薬の内服(残薬がないか確認)
  • 服薬介助の際に日付(朝昼夕)・氏名を必ず確認する
  • 誤薬があった場合、速やかに主治医・薬剤師・ケアマネに報告する
  • 確実な薬の内服(服薬確認・お薬カレンダーの活用)

送迎

  • 送迎時に利用者の状態を観察・把握する
  • 職員は緊急時、迅速に対応できる位置に着席する
  • 安全・安楽に送迎できる座席を検討する
  • 車輛への乗降介助
  • ステップを活用して安全に乗降する
  • 手すりを活用して安全に乗降する
  • 座席への声かけ・誘導
  • 杖・荷物を預かる
  • 車いすで安全に車両への乗降を行う
  • リフトを活用して安全に乗降する
  • 送迎時に家族へ連絡を入れる
  • 送迎中の事故の対応策・連絡先を決めておく

⑤福祉用具レンタル(理由付き)

 特殊寝台及び付属品

  • 特殊寝台及び付属品レンタル(高さを設定することで膝への負担と転倒リスクが軽減できるため)
  • 特殊寝台レンタル(転倒リスクがあり、安全な起居動作のため)
  • 特殊寝台レンタル(起き上がりや立ち上がりの際にふらつきがあるため)
  • 特殊寝台及び付属品レンタル(布団からの起居動作は痛みを伴い、また転倒リスクがあるため)
  • 特殊寝台及び特殊寝台付属品レンタル(高さ・背上げ・足上げの調整機能を活用し起居動作時のアシストを行うことで、安全で安楽な生活が可能となるため)
  • 背上げ・足上げ機能の付いた特殊寝台及び特殊寝台付属品レンタル(血圧が高く下肢の浮腫が著しいため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(床からの立ち上がりの際に痛みを伴い、転倒の危険性もあるため)
  • ギャッジアップ背上げ機能付き特殊寝台および付属品レンタル(就寝時に安楽な呼吸状態を維持するため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(床からの立ち上がりは困難なため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(麻痺からくる可動域制限により転倒のリスクが大きいため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(膝と腰に痛みがあり、転倒のリスクがあるため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(痛みの緩和と安楽な生活動作のサポート、転倒リスク軽減のため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(下肢筋力の低下が見られ、起き上がり・床からの立ち上がりが困難なため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(心疾患があり過度な動作は心臓への負担となるため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(足の浮腫も見られ、足上げ機能により血流を改善する必要があるため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(介護者の負担軽減のため)
  • 特殊寝台および付属品レンタル(悪性腫瘍の〇〇がん末期で、今後急速な病状の重篤化も考えられるため)

車いす・電動車いす

  • 車いすレンタル(両下肢の麻痺や痺れ、可動域の制限があるため)
  • 車いすレンタル(パーキンソン病による振戦やすり足歩行により、移動時に転倒リスクが高いため)
  • 車いすレンタル(移動時に転倒の危険性が高いため)
  • 車いすレンタル(下肢筋力の低下も著しく、常に転倒のリスクがあるため)
  • 車いすレンタル(自力で歩行することは困難であるため)
  • 車いすレンタル(可動域の制限があり、歩行状態が不安定であるため)
  • 車いすレンタル(屋外での長距離歩行は困難たため)
  • 車いすレンタル(歩行時には痛みを伴い、筋力低下による転倒の危険性もあるため)
  • 車いすレンタル(本人の精神的・身体的苦痛を軽減するため)
  • 車いすレンタル(心臓の負担を軽くし安全な移動支援を行なうため)
  • 車いすレンタル(外出機会の確保や生きがいづくりのため)
  • 電動車いすレンタル(歩行状態が不安定で、体力的にも長時間の歩行が困難であるため)
  • 電動車いすレンタル(通院等で外出をしなければならないが長距離歩行が困難であるため)
  • 電動車いすレンタル(歩行は困難で安全な移動手段を確保するため)
  • 電動車いすレンタル(屋外の歩行は本人にとって大きな負担となり、呼吸苦や疲労から転倒のリスクにもつながるため)
  • 電動車いすレンタル(自宅内の移動や屋外での移動のため)
  • 電動車いすレンタル(趣味などの社会活動参加のため)
  • 電動車いすレンタル(通院や買い物に必要な為)
  • 電動車いすレンタル(本人のQOLの向上・活量範囲の拡大のため)

床ずれ防止用具

  • 床ずれ防止用具レンタル(臥床時間も長く褥瘡発生の危険性が非常に高いため)
  • 床ずれ防止用具レンタル(自ら寝返りを打つことも出来ず、褥瘡ができる可能性が高いため)
  • 床ずれ防止用具レンタル(本人の身体的苦痛の緩和と褥瘡予防のため)
  • 床ずれ防止用具レンタル(痛みが強く、体位を自分で変換することが困難なため)
  • 床ずれ防止用具レンタル(疼痛緩和、身体的負担の軽減、褥瘡予防のため)
  • 床ずれ防止用具レンタル(臥床時間も長く、仙骨部や腸骨部が圧迫されやすいため)
  • 床ずれ防止用具レンタル(寝たきり状態で身体的苦痛の緩和と体圧分散、褥瘡予防のため)
  • 床ずれ防止用具レンタル(仙骨部に褥瘡ができており、患部の体圧分散のため)
  • 床ずれ防止用具レンタル(臥床時間が長く、仙骨部や腸骨部が圧迫されやすいため)
  • 床ずれ防止用具レンタル(本人の負担を軽減と褥瘡の発症を予防するため)

電動昇降器

  • 電動昇降座いすレンタル(床からの立ち上がりは負担が大きく、またバランスを崩して転倒の危険性もあるため)
  • 電動昇降座いすレンタル(床からの立ち上がり時はめまい症状からバランスを崩して転倒するリスクがあるため)
  • 電動昇降座いすレンタル(立ち上がりのアシストを行うことで、膝や腰への負担と転倒リスクが軽減できるため)
  • 電動昇降座いすレンタル(起居動作時の痛みと、筋力低下により転倒することもあるため)
  • 電動昇降座いすレンタル(起き上がりや立ち上がりの際にふらつきがあるため)
  • 電動昇降座いすレンタル(床からの立ち上がりの際に痛みを伴い、転倒の危険性もあるため)
  • 電動昇降座いすレンタル(麻痺からくる可動域制限により転倒のリスクが大きいため)
  • 電動昇降座いすレンタル(膝と腰に痛みがあり、転倒のリスクを常に伴っているため)
  • 電動昇降座いすレンタル(安全で苦痛を軽減した動作を行うことが可能となるため)
  • 電動昇降座いすレンタル(立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した起居動作が出来るようになるため)
  • 電動昇降器(車いす用)レンタル(自宅のエントランスは大きな段差があり、車いすで出入りすることは困難なため)
  • 電動昇降器(車いす用)レンタル(デイサービスや通院などの外出時、玄関から車いすで出入りすることは困難なため)
  • 電動昇降器(車いす用)レンタル(趣味などの社会活動に参加する為)
  • 電動昇降器(車いす用)レンタル(通院や買い物に必要な為)
  • 電動昇降器(車いす用)レンタル(本人のQOLの向上・活量範囲の拡大のため)

手すり

  • 手すりレンタル(下肢筋力の低下も著しく、常に転倒のリスクがあるため)
  • 手すりレンタル(可動域の制限があり、歩行状態が不安定であるため)
  • 手すりレンタル(自宅内の移動や屋外での移動のため)
  • 手すりレンタル(自力で歩行することは困難であるため)
  • 手すりレンタル(玄関の段差昇降を安全に行うため)
  • 手すりレンタル(トイレまでの移動を安全に行うため)
  • 手すりレンタル(床からの起き上がりを安全に行うため)
  • 手すりレンタル(ベッドの移乗を安全に行うため)
  • 手すりレンタル(立ち上がりを安全に行うため)
  • 手すりレンタル(転倒を予防し、安全に移動するため)

歩行器

  • 歩行器レンタル(小刻み歩行により、移動時に転倒リスクが高いため)
  • 歩行器レンタル(支え無しで歩行することは困難であるため)
  • 歩行器レンタル(支えになるものがなく屋外の歩行は本人にとって大きな負担なるため)
  • 歩行器レンタル(すり足歩行により、移動時に転倒リスクが高いため)
  • 歩行器レンタル(前傾姿勢で移動時に転倒リスクが高いため)
  • 歩行器レンタル(通院や買い物に必要な為)
  • 歩行器レンタル(フリーハンドで屋外での長距離歩行は困難たため)
  • 歩行器レンタル(フリーハンドで歩行は困難なため)
  • 歩行器レンタル(移動時に転倒の危険性が高いため)
  • 歩行器レンタル(下肢筋力の低下も著しく、常に転倒のリスクがあるため)
  • 歩行器レンタル(可動域の制限があり、歩行状態が不安定であるため)
  • 歩行器レンタル(自宅内の移動や屋外での移動のため)
  • 歩行器レンタル(趣味などの社会活動参加で外出するため)
  • 歩行器レンタル(通院等で外出をしなければならないが、支え無しで長距離歩行が困難であるため)
  • 歩行器レンタル(歩行状態が不安定で、体力的にも長時間の歩行が困難であるため)
  • 歩行器レンタル(本人のQOLの向上・活量範囲の拡大のため)
  • 歩行器レンタル(両下肢の麻痺や痺れ、可動域の制限があるため)

歩行補助杖

  • 歩行補助杖レンタル(小刻み歩行により、移動時に転倒リスクが高いため)
  • 歩行補助杖レンタル(支え無しで歩行することは困難であるため)
  • 歩行補助杖レンタル(支えになるものがなく屋外の歩行は本人にとって大きな負担なるため)
  • 歩行補助杖レンタル(すり足歩行により、移動時に転倒リスクが高いため)
  • 歩行補助杖レンタル(前傾姿勢で移動時に転倒リスクが高いため)
  • 歩行補助杖レンタル(通院や買い物に必要な為)
  • 歩行補助杖レンタル(フリーハンドで屋外での長距離歩行は困難たため)
  • 歩行補助杖レンタル(フリーハンドで歩行は困難なため)
  • 歩行補助杖レンタル(移動時に転倒の危険性が高いため)
  • 歩行補助杖レンタル(下肢筋力の低下も著しく、常に転倒のリスクがあるため)
  • 歩行補助杖レンタル(可動域の制限があり、歩行状態が不安定であるため)
  • 歩行補助杖レンタル(自宅内の移動や屋外での移動のため)
  • 歩行補助杖レンタル(趣味などの社会活動参加で外出するため)
  • 歩行補助杖レンタル(通院等で外出をしなければならないが、支え無しで長距離歩行が困難であるため)
  • 歩行補助杖レンタル(歩行状態が不安定で、体力的にも長時間の歩行が困難であるため)
  • 歩行補助杖レンタル(本人のQOLの向上・活量範囲の拡大のため)
  • 歩行補助杖レンタル(両下肢の麻痺や痺れ、可動域の制限があるため)

スロープ

  • スロープレンタル(自宅のエントランス(玄関)には大きな段差があり、車いすで出入りすることは困難な為)
  • スロープレンタル(車いすで玄関の段差を出入りすることは困難なため)
  • スロープレンタル(安全に外出するため)
  • スロープレンタル(安全に通院するため)
  • スロープレンタル(安全にデイサービスに行くため)
  • スロープレンタル(玄関の出入りを安全に行うため)
  • スロープレンタル(介護者の負担軽減のため)
  • スロープレンタル(外出をスムーズに行うため)
  • スロープレンタル(玄関の出入りを負担なく行うため)

⑥福祉用具購入(理由付き)

シャワーチェア

  • シャワーチェア購入(入浴時膝への負担と転倒リスクが軽減できるため)
  • シャワーチェア購入(入浴時、安全に立ち座りができるようになる。
  • シャワーチェア購入(入浴時、安全に立ち座り動作が行え、座面も安定するため、転倒リスクを軽減できるため)
  • シャワーチェア購入(入浴時、起居動作を安全に行うことができ、座位保持も安楽にできるようになるため)
  • シャワーチェア購入(入浴時の転倒防止のため)
  • シャワーチェア購入(洗身・洗髪時の座位保持のため)
  • シャワーチェア購入(入浴介助中の座位保持と介護者の負担軽減のため)
  • シャワーチェア購入(入浴中の安全な起居動作と座位保持のため)
  • シャワーチェア購入(入浴中の安全な立ち座りのため)
  • シャワーチェア購入(洗身・洗髪時の座位保持と安全な起居動作のため)
  • シャワーチェア購入(入浴中の転倒のリスクと負担軽減のため)
  • シャワーチェア購入(安全で負担を軽減した起居動作と座位保持が可能となるため)
  • シャワーチェア購入(高さ調整機能と背もたれ、ひじ掛け等を活用することで、安定した起居動作、座位保持が可能となるため)
  • シャワーチェア購入(高さ調節ができるシャワーチェアを使用することにより、浴室内での立ち座りが安全にできるようになる)
  • シャワーチェア購入(高さ調整機能により、安全・安楽に立ち座り動作が行えるようになる)
  • シャワーチェア購入(ひじ掛け、背もたれがあることで、安全に座位バランスが保てる)

浴槽台

  • 浴槽台購入(浴槽への出入り時、転倒リスクを軽減できるため)
  • 浴槽台購入(浴槽台により立ち上がりしやすい高さ設定と、浴槽と洗い場の高低差を解消することで、転倒リスクが軽減できるため)
  • 浴槽台購入(膝や腰への負担と転倒リスクが軽減できるため
  • 浴槽台購入(浴槽台により立ち上がりしやすい高さ設定と、浴槽と洗い場の高低差を解消することで、本人および介護者の負担を軽減することができる)
  • 浴槽台購入(安全に起居動作が行え、転倒リスクを軽減できる)
  • 浴槽台購入(安全に浴槽の出入りができるため)
  • 浴槽台購入(安全に浴槽内の立ち座りと出入りを行うことができるため)
  • 浴槽台購入(浴槽と洗い場の高低差を解消することで、安全で苦痛を軽減した入浴動作を行うことが可能となるため)
  • 浴槽台購入(浴槽内での立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した起居動作が出来るようになるため)
  • 浴槽台購入浴槽内で安定した起居動作を行うため)

浴槽内手すり(グリップ)

  • 浴槽グリップ購入(移乗・移動動作の際に、膝への負担と転倒リスクを軽減するため)
  • 浴槽グリップ購入(起き上がりや立ち上がりの際にふらつきがあり、転倒リスクを軽減できるため)
  • 浴槽グリップ購入(浴槽への移乗を安全に行うことができるため)
  • 浴槽グリップ購入(身体的苦痛の軽減および安全な浴槽への移乗動作のため)
  • 浴槽グリップ購入(安全に浴槽への移乗動作を行うことができるため)
  • 浴槽グリップ購入(入浴中、浴槽への安全な移乗・移動を行うため)
  • 浴槽グリップ購入(安全に浴槽への移乗・移動を行うにため)

 ポータブルトイレ

  • ポータブルトイレ購入(夜間トイレまでの移動は転倒の危険を伴うため)
  • ポータブルトイレ購入(夜間排泄の都度、家族が起きて介助することは大きな負担となるため)
  • ポータブルトイレ購入(オムツの使用は望んでおらず、排泄の自立の為)
  • ポータブルトイレ購入(歩行時には痛みを伴い、筋力低下による転倒の危険性があるため)
  • ポータブルトイレ購入(トイレまでの移動は困難なため)
  • ポータブルトイレ購入(歩行状態が不安定で、体力的にも長時間の歩行が困難であり、夜間トイレまでの移動は転倒の危険を伴うため)
  • ポータブルトイレ購入(下肢にしびれや痛みもあり、移動時に転倒の危険性が高いため
  • ポータブルトイレ購入(夜間トイレまでの移動は本人にとって大きな負担となり、呼吸苦や疲労から転倒のリスクにもつながるため)
  • ポータブルトイレ購入(本人の尊厳を守り、介護者に負担をかけず、安心して排泄するため)
  • ポータブルトイレ購入(夜間トイレに間に合わず、失禁することが増えてきたため)
  • ポータブルトイレ購入(夜間トイレに行く際も、起き上がりができずに失禁することが増えているため)
  • ポータブルトイレの設置(移乗しやすい位置)

⑦住宅改修

手すりの取り付け

トイレ

  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全にトイレまで移動することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※膝への負担と転倒リスクを軽減することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※便座の立ち座りを行うことができ、転倒リスクを軽減できる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に便座からの立ち上がりを行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全にズボンの上げ下げを行うことができる
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に排泄後の処理を行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に陰部のふき取りを行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に排泄中の座位を保持することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※本人の身体的苦痛を軽減し、安全な排泄動作が可能となる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に便座からの立ち上がりを行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全な起居動作を行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※介護者の身体的な負担を軽減することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※本人の精神的な不安や負担を取り除くことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した排泄動作が出来るようになる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安楽に排泄することができ、精神的な負担を軽減することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※容易にトイレからの出入りをすることができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※容易に便座からの立ち座りを行うことができる。

浴室

  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に浴室まで移動することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※膝への負担と転倒リスクを軽減することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全にシャワーチェアの立ち座りを行うことができる
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全にシャワーチェアからの立ち上がりを行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に衣類の着脱を行うことができる
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に洗身することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に洗い場と浴槽への出入りを行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に洗身時の座位を保持することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に浴槽内での座位を保持することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※本人の身体的苦痛を軽減し、安全な入浴動作が可能となる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に浴槽からの立ち上がりを行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に脱衣所と浴室の移動を行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※介護者の身体的な負担を軽減することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※本人の精神的な不安や負担を取り除くことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した入浴動作が出来るようになる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安楽に入浴することができ、精神的な負担を軽減することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※容易に浴室からの出入りをすることができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※容易に浴槽からの立ち座りを行うことができる。

外出

  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に外出することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※膝への負担と転倒リスクを軽減することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に玄関での立ち座りを行うことができ、転倒リスクを軽減できる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に玄関の段差昇降を行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に靴の着脱を行うことができる
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に玄関と玄関アプローチの段差を昇降することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に玄関から道路への出入りを行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※靴の着脱の際に姿勢を保持することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※靴の着脱の際に立位を保持することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※本人の身体的苦痛を軽減し、安全な階段昇降が可能となる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に玄関での立ち上がりを行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※玄関と玄関アプローチへの移動を行うことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※外出時の介護者の身体的な負担を軽減することができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に外出することができ、本人の精神的な不安や負担を取り除くことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※玄関での立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した移動と階段昇降が出来るようになる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※楽に移動することができ、外出の機会確保と生活領域の拡大につながる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※容易に外出することができ、活動範囲の拡大が図られる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に玄関を移動することができ、買い物や通院に安心して行くことができる。
  • 住宅改修(手すりの取り付け)※安全に玄関を移動することができ、楽しみであるデイサービスに行くことができる。

スロープ・段差解消

トイレ

  • 住宅改修(スロープ取り付け)※出入り口にスロープを取り付けることで、安全にトイレへの出入りをすることができる。
  • 住宅改修(段差解消)※トイレの出入り口の段差を解消することで、安全に出入りすることができる。
  • 住宅改修(段差解消)※トイレ入り口の高低差を解消することで、安全に出入りすることができる。
  • 住宅改修(段差解消)※トイレ入り口の敷居を撤去することで、安全に出入りすることができる。

浴室

  • 住宅改修(スロープ取り付け)※出入り口にスロープを取り付けることで、安全に浴室への出入りをすることができる。
  • 住宅改修(段差解消)※浴室の出入り口の段差を解消することで、安全に出入りすることができる。
  • 住宅改修(段差解消)※浴室入り口の高低差を解消することで、安全に出入りすることができる
  • 住宅改修(段差解消)※浴室入り口の敷居を撤去することで、安全に出入りすることができる。

玄関

  • 住宅改修(敷居撤去)※玄関を安全に移動することができる。
  • 住宅改修(スロープ取り付け)※車いすでも安全に外出することができる。
  • 住宅改修(段差解消)※安全に昇降することができる。
  • 住宅改修(段差解消)※安全に段差昇降することができる。
  • 住宅改修(段差解消)※安全に移動、段差昇降することができ、買い物や通院に行くことができる。
  • 住宅改修(段差解消)※安全に移動、段差昇降することができ、楽しみであるデイサービスに行くことができる
  • 住宅改修(段差解消)※活動領域の拡大と生きがいづくりに繋がる
  • 住宅改修(段差解消)※自分で移動することができ、介護者の負担を軽減できる。
  • 住宅改修(段差解消)※介護量が減り、介護者の負担を軽減できる。
  • 住宅改修(段差解消)※安全に移動・階段昇降することができ、外出の機会を確保することができる。
  • 住宅改修(段差解消)※車いすでも安全に移動することができる。
  • 住宅改修(段差解消)※介護者の負担なく車椅子移動が可能となる。
  • 住宅改修(踏み台取り付け)※バランスを崩すことなく昇降することができる。
  • 住宅改修(踏み台取り付け)※安全に段差昇降を行うことができる。

開き戸を引き戸へ変更

トイレ

  • 住宅改修(引き戸に変更)※扉を開き戸から引き戸に変更することで、安全にトイレへの出入りすることができる。
  • 住宅改修(引き戸に変更)※トイレの戸を開き戸から引き戸に変更することで、バランスを崩すことなく安全に出入りすることができる。

浴室

  • 住宅改修(引き戸に変更)※安全に浴室へ出入りすることができる。
  • 住宅改修(引き戸に変更)※バランスを崩すことなく安全に出入りすることができる。

玄関

  • 住宅改修(引き戸に変更)※安全に玄関の出入りをすることができる。
  • 住宅改修(引き戸に変更)※バランスを崩すことなく安全に出入りすることができる。

床材変更(滑りにくい素材)

浴室

  • 住宅改修(床材変更)※浴室内での転倒を防止することができる。
  • 住宅改修(床材変更)※浴室での移動を安全に行うことができる。
  • 住宅改修(床材変更)※立ち座りの動作を安全に行うことができる。
  • 住宅改修(床材変更)※バランスを崩すことなく安全に移動・移乗を行うことができる。
  • 住宅改修(床材変更)※バランスを崩すことなく浴室内の移乗・移動を行うことができる。
  • 住宅改修(床材変更)※水はけを改善し、バランスを崩すことなく安全に入浴動作を行うことができる。
  • 住宅改修(床材変更)※安全に浴槽と洗い場の移動を行うことができる。
  • 住宅改修(床材変更)※安全にシャワーチェアからの立ち上がりを行うことができる。
  • 住宅改修(床材変更)※洗身時の姿勢を保つことができる。

玄関

  • 住宅改修(床材変更)※玄関での転倒を防止することができる。
  • 住宅改修(床材変更)※玄関での移動を安全に行うことができる。
  • 住宅改修(床材変更)※玄関での立ち座り動作を安全に行うことができる。
  • 住宅改修(床材変更)※車いすでも安全に移動する

和式便座から洋式便座

  • 住宅改修(洋式便座に変更)※安全に立ち座りを行うことができる。
  • 住宅改修(洋式便座に変更)※容易に便座からの立ち上がり動作を行うことができる。
  • 住宅改修(洋式便座に変更)※排泄時の座位保持を容易に行うことができる。
  • 住宅改修(洋式便座に変更)※排泄後の後始末がバランスを崩すことなく行うことができる。
  • 住宅改修(洋式便座に変更)※パンツ、ズボンの上げ下げを容易に行うことができる。

⑧認知症高齢者

失禁

  • 排泄間隔を把握する
  • 尿意便意を把握する
  • 定期的なトイレ誘導・声掛け
  • 排便間隔を把握し、未然に予防する
  • 吸収量の多いオムツを使用する
  • 不快感のないオムツを使用する
  • トイレの場所がわかるような工夫を行う
  • 触ってしまった場合は速やかに手指を洗浄、消毒する
  • 他に汚染場所がないか確認する
  • 専門医の受診・治療・薬の処方
  • 怒ったり、否定したりしないようにする

徘徊

  • 地域行事への参加(地域住民から声をかけてもらう)
  • 行きつけのスーパーの店長(店員)に状態説明を行い、協力してもらう
  • 近隣住民や行きそうな場所に事情をあらかじめ説明しておく
  • 地域住民に声掛け、見守りの協力依頼をする
  • 日々の安否確認や声かけ
  • あらかじめ行政や地域包括職員と対応を協議しておく
  • 徘徊感知器の導入(GPS)
  • 人感センサーの活用
  • 衣類などの持ち物に連絡先を記入したものを貼り付ける
  • 当日の衣類や持ち物の特徴などを把握しておく
  • あらかじめ捜索用の顔写真を取っておく
  • あらかじめ関係機関に情報提供(年齢や住所、身体の特徴)を行っておく
  • 定期的な行動の見守り体制が確保され安心して生活する
  • 適切な生活のリズムをつくることによって、精神的に安定する
  • 地域包括支援センターへの情報提供
  • 緊急時の連絡体制・応援体制をあらかじめ確認しておく
  • 緊急ショートステイ利用をあらかじめ確保・依頼しておく
  • 日中外出の機会を確保する(適度な疲労感により夜ぐっすり寝ることができる)
  • 衣類や靴に連絡先や氏名を書いた名札を貼り付ける

行動障害(BPSD)他

  • 専門医の受診、治療、処方
  • どんな時に幻視・幻聴が出るのかを把握する
  • 具体的な行動内容の把握
  • 日々の行動(BPSD)内容をメモしておく
  • 日々の行動(BPSD)内容をメモし、主治医に報告する
  • 症状がひどい場合は専門医に報告する
  • 日中外出の機会を確保する(適度な疲労感により夜ぐっすり寝ることができる)
  • 口に入れると危険なものは近くに置かないようにする
  • 刃物などの危険物を近くに置かない
  • 定期的に見守りを行い、不衛生な状態になっていないか確認を行う
  • 職員による見守りおよび声かけ
  • 事故にあった場合の連絡先や対応方法をあらかじめきめておく
  • 地域包括支援センターへの情報提供
  • 緊急時の連絡体制・応援体制をあらかじめ確認しておく
  • 家族に対する指導・説明
  • 家族とケア内容について話し合う

服薬

  • カレンダーの準備(書き込み可能なものを準備する)
  • 服薬確認(用法・用量・副作用の確認)
  • 服薬の声かけ・見守り
  • 確実な薬の内服(残薬がないか確認)
  • 服薬介助の際に日付(朝昼夕)・氏名を必ず確認する
  • 誤薬があった場合、速やかに主治医・薬剤師・ケアマネに報告する
  • 確実な薬の内服(服薬確認・お薬カレンダーの活用)

コミュニケーション

  • 地域住民による声かけ・安否確認
  • 介護者や職員が常に見守り、声掛けできるようにする
  • 安心して過ごせるように定期的に声掛けを行う
  • 本人の訴えを傾聴し受容する
  • 本人の話を傾聴し受容する(決して否定しない)
  • 座席の配置に配慮してトラブルが起こらないようにする
  • 職員との雑談
  • 職員が間に入って関係をサポートする
  • テーブル(座席)の配置を工夫する
  • 生活歴や趣味、仕事を把握し、話を傾聴する
  • いろいろな人とコミュニケーションをとる
  • 受容的な態度で接する
  • 相談・助言(電話にて連絡)
  • 話しの傾聴による不安解消
  • 本人が不安に思っていることを傾聴する
  • 生活歴や趣味、仕事を把握し、話を傾聴する
  • 本人の行動はいったん受容する
  • 体を触りながら話をする(タッチセラピー)

介護負担軽減

  • デイサービスやショートステイの利用に慣れる
  • 介護者がリフレッシュできる時間を作る
  • 介護者に対する相談援助
  • 介護技術の指導・説明
  • 家族会の情報提供
  • 介護者教室の参加を促す
  • 介護者への相談援助(話の傾聴)
  • 介護用品支給により経済的負担軽減
  • 介護者に対する相談支援(話の傾聴)
  • ショートステイの利用による介護者の負担軽減
  • 介護者が自分の時間を作る
  • 家族の認知症に関する知識の向上を図る
  • 入所可能な施設の提案(パンフレット等)
  • 認知症について、あらかじめ説明(レクチャー)する

家事等

  • 冷蔵庫の中のものを確認する(賞味期限や同じものが多数ないか)
  • ガスコンロを撤去し電磁調理器を導入する
  • 1日のスケジュール表の作成
  • 定期的に見守りを行い、不衛生な環境になっていないか確認を行う
  • 居室内の清掃を行う

⑨独居高齢者

安否確認

  • あらかじめ関係機関に情報提供(年齢や住所、身体の特徴)を行っておく
  • 安否確認
  • いろいろな人とコミュニケーションをとる
  • 地域住民による声かけ・安否確認
  • 地域住民に声掛け、見守りの協力依頼をする
  • 地域包括支援センターへの情報提供
  • 定期的な行動の見守り体制が確保され安心して生活する
  • 日々の安否確認や声かけ

緊急時対応

  • 災害時の対応をあらかじめ決めておく
  • 所在・現在地の把握
  • 成年後見制度・権利擁護事業の説明、提案
  • 台風接近時にはショートステイを確保する
  • 地域行事の参加・声かけ
  • 緊急時には近隣住民に駆けつけてもらうよう依頼する
  • 緊急時の対応(24時間)
  • 緊急時の対応方法についての指導および説明
  • 緊急時の連絡体制・応援体制をあらかじめ確認しておく
  • 緊急通報装置の利用
  • 緊急連絡先の確保
  • 緊急連絡先や服薬内容を冷蔵庫に掲示する
  • 緊急連絡先を電話の近くに掲示する
  • 緊急連絡体制の名簿を作成する
  • 事故にあった場合の連絡先や対応方法をあらかじめきめておく
  • 職員が常に見守り、声掛けできるようにする
  • 風水害時の緊急ショートステイ利用

地域の対応

  • 町内会のイベントの参加および声かけ
  • 町内のイベントや行事の情報提供
  • 近隣住民との会話の中でつながりを持つ
  • 民生委員への情報提供
  • 民生委員や地域住民による見守りと声かけ
  • 地域行事への参加(地域住民から声をかけてもらう)

その他

  • 電磁調理器の支給
  • 入所施設の情報提供(パンフレットなど)
  • 配食サービスによる食事の確保及び安否確認
  • 配食サービスの利用
  • 家族とケア内容について話し合う
  • 家族に対するケア方針の説明・共有
  • 外出の機会を確保し、いろいろな人と交流を持つ
  • 職員との雑談
  • 生活歴や趣味、仕事を把握し、話を傾聴する
  • 適切な生活のリズムをつくることによって、精神的に安定する
  • 日中外出の機会を確保する(適度な疲労感により夜ぐっすり寝ることができる)
  • 本人が不安に思っていることを傾聴する
  • 話しの傾聴による不安解消

⑩口腔ケア

  • 嚥下体操・マッサージ
  • 刻み食やとろみ食を検討する
  • 義歯の洗浄
  • 義歯の取り外し
  • 口腔体操の実施
  • 健口体操の実施
  • 歯科衛生士による歯磨き指導
  • 歯科受診による口腔内の確認と義歯の調整
  • 歯科受診による口腔内の確認と義歯の調整
  • 舌の汚れをガーゼでふき取る
  • 食事形態および調理方法の助言
  • 食事形態の検討
  • 食事中の見守りおよび声かけ
  • 食事中の見守り及び声かけ
  • 調理方法について助言を行う
  • 定期的な義歯の評価
  • 定期的な歯科受診
  • トロミ剤の使用
  • 歯磨き及びうがいの介助
  • 歯磨き及びうがいの声かけ
  • ブラシやスポンジで口腔内の汚れを取る
  • ブラッシングの指導
  • 毎日のうがいと義歯洗浄
  • ゆっくりと食べるようにする
  • 吸引及び口腔ケア
  • 口腔ケアを受けて栄養の補給を十分に行う
  • 口腔リハビリテーションの実施
  • 口腔洗浄および口腔ケアの体操を行い機能を維持する
  • 口腔内の残渣(食べ物の残りかす)の点検と清掃
  • 口腔内の清潔が保持できるような支援を受ける
  • 唾液腺マッサージ

⑪インフォーマルサービス

  • テレビで大好きな時代劇を見る
  • テレビで大好きな映画を見る
  • テレビで大好きな相撲を見る
  • 家族で旅行に出かける
  • 碁会所に出かける
  • 生け花教室に出かける
  • 書道教室に参加する
  • 毎日散歩に出かける
  • 花壇の花の手入れを行う
  • 畑の野菜の収穫を行う
  • 庭の草取りを行う
  • 庭で園芸を楽しむ
  • 毎日庭の花に水をやる
  • 友人とカラオケに行く(大好きな〇〇の歌を歌う)
  • 友人と映画を見に行く
  • 近所のスーパーに買い物に出かける
  • 美容院に行って髪型をセットする
  • 週に〇回行きつけの喫茶店にコーヒーを飲みに行く
  • 近所の親しい友人とおしゃべりをする
  • 季節ごとの花を見に行く
  • 孫の顔を見に行く
  • 家族で旅行に出かける
  • 家族で外食に出かける
  • 日記をつける
  • 家計簿をつける
  • パソコン教室に参加する
  • 町内会の行事に参加する
  • 地域の体操教室に参加する
  • 愛犬〇〇の散歩をする
  • 毎日仏壇にお線香をあげる
  • 毎日仏壇にお供え物を置く
  • 毎日仏壇にお経をあげる
  • ご先祖様のお墓参りに行く