ケアプラン2表文例

【リスク管理】ケアプラン2表記入例(文例)

ケアプラン2表のリスク管理編!
 
リスク管理(リクスマネジメント)のケアプラン記入例を作成しました
 
参考にしてください
今後随時更新して追加していきます!

①転倒

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
転倒せずに安心して生活を続けたい 安全に生活できる 転倒を予防し、移動動作が安心・安全に行うことができる 筋力増強訓練(上肢・下肢)
転倒時に痛みや出血の確認を行い、速やかに対応できる体制を整備しておく
転倒せずに安心して生活を続けたい 安全に生活できる 転倒を予防し、歩行が安全に行うことができる 下肢筋力の向上訓練
移動時の介助及び見守り
車いすで安全に生活したい 転倒のリスクを軽減して安全に生活する 日常生活の活動領域が拡大する 歩行器を使用しての歩行訓練
居室の床に危険なもの(コード ゴミ箱等)を置かない
転倒を防ぎ、安全に歩行したい 身体機能を維持する事が出来る 転倒しない様に気をつける 屋外歩行訓練
リハビリシューズの選定
リハビリシューズの着用
下肢筋力低下がある為、転倒の危険性が高い 転倒することなく安全に移動できるようになる 転倒を防止する 杖を使用しての歩行訓練
転倒防止のためセンサーを設置する
下肢筋力低下がある為、支えがないと転倒してしまう 転倒することなく安全に歩行できるようになる 転倒を防止する 下肢筋力アップのための歩行訓練
障害物の撤去および整理
床に不要なものを置かないようにする
床が濡れていないか確認する
右足を引きずって歩いているため、歩行が不安定である 下肢筋力を鍛え、転倒予防ができる 転倒せずに、歩行ができる 下肢筋力トレーニング
ベッド周りの床材をクッション性の高いものに変更する

②転落

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
転落に注意し安全に安心して在宅生活を維持・継続していきたい 転落することなく安全に過ごすことが出来る 転落しないように、ベッド周りの環境を整備する 低床ベッドを使用する
ベッドの高さや手すりの配置などを工夫して、安全に移乗できるようにする
転落時に痛みや出血の確認を行い、速やかに対応できる体制を整備しておく
転落することなく安心して生活したい 転落を予防し、安全に移動・移乗する 安全に生活できる環境を整える ナースコールを押しやすい位置に配置する
センサーマットを設置する
日常生活でよく使用するものを手の届く位置に配置する

③ずり落ち

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
車いすからずり落ちることなく安全に生活したい 怪我をすることなく安心して毎日を過ごす 車いすからのずり落ちを防止する ティルト式の車いすを使用する。(角度調整)
転落時に痛みや出血の確認を行い、速やかに対応できる体制を整備しておく
定期的に座り直しの介助を行う
椅子からずり落ちることなく安全に生活したい 安全な日常生活を送る 安全に生活できる環境を整備する 座位が適切か確認を行う
椅子や車いすのクッションを工夫する

④誤薬

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
服薬を確実にして、病状を悪化させないようにしたい 健康的な毎日を送ることが出来る 服薬を確実に行う 服薬カレンダーの活用
服薬時の見守り及び声かけ
服薬を確実に行い、健康に過ごしたい 服薬を確実に行い、病状の安定を図る 誤薬を予防する 服薬介助
・水と薬の準備
・服薬確認(飲み忘れないようにする)
・後かたづけ、確認
服薬介助の際に氏名、日付、タイミングを必ず確認する
誤薬時は速やかに対応できる体制を整備しておく

⑤誤嚥・窒息

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
認知症があり異物を口の中に入れてしまう 安全に生活することが出来る 安全に生活できる環境を整備する 居室に口の中に入れそうなものは置かない
窒息時、腹部を圧迫して異物を吐き出させる
定期的に研修会を行い、緊急時の対応を職員に周知させる
急いで食べてしまうことがあるが、むせずに食事をしたい むせずに食事をすることができる ゆっくりと食事をすることができる 食事時、水分補給時の見守り、声掛け
食事形態が適切か確認する
水分にはとろみをつけ、食事は刻み食に変更する
緊急時の対応を職員間で共有しておく

⑥離設 帰宅願望 行方不明

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
安心して施設での生活を送りたい 施設での環境に慣れ、安心して過ごすことが出来る 安心して生活できる環境を整備する 定期的な声掛けや見守り
部屋になじみのものを置く
家族からの手紙を準備しておく
不安な気持ちを感じることなく安心して施設での生活を送りたい 離設行為を予防し、安全に施設での生活を送る 不安な気持ちを解消する 定期的な声掛けや見守り
友人や親しい知り合いを作る
役割を持ってもらい気を紛らわせる
必要に応じて電話を通じて家族と話をする
職員との雑談
外出すると一人で戻れなくなることがあるが、不安なく生活したい 本人及び家族が不安なく毎日を過ごすことができる 定期的な見守り体制が確保され安心して生活する 地域住民に声掛け、見守りの協力依頼をする
徘徊感知器の導入(GPS)
あらかじめ関係機関に情報提供(年齢や住所、身体の特徴)をしておく
専門医の診療によって、症状の改善や悪化を防止する 専門医の受診・治療・薬の処方
施設から無断で出ていく危険性がある 離設の事故を予防する 離設行為を予防する環境を整備する ベッドにセンサーマットを設置する
定期的な声掛けや見守り
必要に応じて一緒に外出する
持ち物にGPSの探知機をセットしておく
持ち物や衣類に住所や連絡先を記入しておく
警察や地域包括支援センターにあらかじめ情報提供しておく

⑦他者とのトラブル

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
他者とのトラブル(暴言・暴力行為)があるが不安なく生活したい 本人及び周囲が不安なく過ごすことができる 専門医の診療によって、症状の改善や悪化を防止する 専門医の受診・治療・薬の処方
暴言等がおこらないような環境を作る 話を傾聴し内容は否定しない
職員による見守りおよび声かけ
座席(席順)を配慮する

⑧表皮剥離・皮下出血

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
怪我をすることなく安全に生活したい 怪我をすることなく安心して生活する 表皮剥離を予防する 表皮剥離しやすい部位をガーゼなどで保護する
表皮剥離した際は速やかに看護師に報告する
必要に応じて医療機関を受診する

⑨ヒートショック

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
安全に安心して入浴したい 不安なく入浴することが出来る ヒートショックを予防する 入浴前と入浴後に必ず水分を補給する
食後1時間以上空けてから入浴する
部屋間の温度差をなくす
ゆっくり温まる
浴槽の湯温をできるだけ低めに設定する
長湯をしない
浴槽から急に立ち上がらない

⑩不潔行為

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
排便を触る行為(不潔行為)があるが安心して生活したい 衛生的な生活が送れるようになる 専門医の診療によって、症状の改善や悪化を防止する 専門医の受診・治療・薬の処方
排便があっても触らないような環境を作る 排便間隔を把握し、未然に予防する
触ってしまった場合は速やかに手指を洗浄、消毒する
他に汚染場所がないか確認する

⑪異食行為

ニーズ 長期目標 短期目標 サービス内容
認知症のため、異食行動があるが安心して生活したい 不安なく毎日が過ごせる 専門医の診療によって、症状の改善や悪化を防止する 専門医の受診、治療、処方
確実な薬の内服(服薬確認・お薬カレンダーの活用)
異食行動がおこらないような環境を整備する 口に入れると危険なものは近くに置かないようにする
定期的に声掛け、見守りを行う