ケアマネ文例・記入例集

モニタリング(評価)で使える文言・文例集 300事例

定番表現

  • 利用者の状態及びサービスの実施状況等について確認するため、利用者の居宅において本人及び家族と面談し、モニタリングを実施する。
  • 利用者本人の状況等をモニタリングした結果、新たな課題(生活ニーズ)は発生していない。ケアプランの短期目標達成の為には、今後も引き続きこれまでの介護サービスを継続して利用する必要がある。よってケアプランの内容は変更なく継続としたい。
  • 〇月の利用票について本人に説明し、同意・捺印を頂き交付する。
  • 現状のサービスについては、計画書の予定通りに実施出来ている事を確認する

ヘルパー

家事援助

  • 掃除や買い物は本人にとって大きな負担となっていたが、ヘルパーによる支援を受けることで、日常生活の困りごとが減少し、生き生きとした生活が継続で来ている
  • 可動域の制限があり身の回りのことができなくなってきている。ヘルパーの介助により一人でも安全に在宅生活を送ることができる
  • 家事などをヘルパーに支援してもらうことで、日常生活が維持できている
  • 自分で家事を行うことができなくなってきている。ヘルパーによる声かけや励ましを受けながら、家事の支援を受けることで、意欲的な生活を取り戻すことができる
  • 出来ない部分(買い物 掃除)はヘルパーによる側面的な支援で生活をサポートできている
  • 体調不良により家事全般を行うことが困難になっている。今後も在宅での生活を継続させるには、ヘルパーによる家事援助が必要である
  • 同居の息子は日中就労があり、身の回りの家事を十分に行うことができない。ヘルパーによる家事援助を受けることで、日常生活の困りごとを解消し、本人の希望する在宅生活の継続が可能となっている
  • 日常生活において必要な食事や掃除、洗濯などの家事をヘルパーによる支援を受けることで、安心して自宅での生活が継続できている
  • 麻痺があるので自宅の家事が十分に行えない。できない部分はヘルパーによる支援が必要である

買物

  • ヘルパーの買い物援助により、日常生活の必需品が調達できている
  • 下肢筋力の低下があり、外出時には転倒の危険がある。重たい荷物を持って外出することは困難な為、買い物についてはヘルパーによる支援が必要

調理

  • 自分でできる調理は自分で行い、出来ない部分についてヘルパーによる支援を受け、日常生活において支障がないようにする
  • 調理器具(コンロ 包丁)を使用することは危険であり、自ら調理することは難しくなってきている。ヘルパーの調理支援を受けることで、栄養バランスの取れた、おいしい食事を摂ることができる
  • 認知症の進行により、自分で調理を行うことが難しくなってきている。これからも在宅での生活を継続していくにはヘルパーのより調理援助が必要である
  • 判断力、理解力の低下により食後の片付けができなくなってきている。ヘルパーの支援を受けることで、台所や居室の衛生状態を保つことができる

掃除

  • ヘルパーの掃除援助により清潔で快適な環境で生活できている
  • 下肢筋力の低下により掃除を自分で行うことが難しくなってきている。ヘルパーの支援を受けることで清潔な環境で生活することができる
  • 下肢筋力の低下により掃除を自分で行うことが難しくなってきている。ヘルパーの支援を受けることで清潔な環境で生活することができる
  • 判断力、理解力の低下により、自分で掃除をすることが難しくなってきている。ヘルパーの援助を受けることで、衛生状態の保たれた快適な空間で生活することができる
  • 麻痺や関節可動域に制限があり、自ら掃除をすることが困難になってきている。ヘルパーの支援を受けることで快適な環境で生活することができる

ゴミ捨て

  • 下肢筋力の低下によりゴミ捨てを自分で行うことが難しくなってきている。ヘルパーの支援を受けることで清潔な環境で生活することができる
  • 麻痺や関節可動域に制限があり、自らゴミ捨てをすることが困難になってきている。ヘルパーの支援を受けることで快適な居室で生活することができる
  • 判断力、理解力の低下により、自分でゴミの仕分けをすることが難しくなってきている。ヘルパーの援助を受けることで、衛生状態の保たれた居室で快適に過ごすことができる

洗濯

  • 下肢筋力の低下により洗濯を自分で行うことが難しくなってきている。ヘルパーの支援を受けることで清潔な衣類で生活することができる
  • 判断力、理解力の低下により、自分で洗濯をすることが難しくなってきている。ヘルパーの援助を受けることで、衛生状態の保たれた衣類で快適に過ごすことができる
  • 麻痺や関節可動域に制限があり、自ら洗濯をすることが困難になってきている。ヘルパーの支援を受けることで快適な衣類で生活することができる

服薬

  • 服薬管理が十分にできていない。お薬カレンダーを活用し、ヘルパーによる見守り、声掛けが必要

整容

  • 麻痺の為自分で整容ができなくなっている。ヘルパーの介助により身だしなみを整えることができる
    立位が不安定であるため、自分で洗面することができなくなってきている。ヘルパーの介助により安全に洗面を行うことができる

入浴

  • 下肢筋力が低下し、すり足歩行の為、入浴時にバランスを崩して転倒の危険性がある。ヘルパーの見守りおよび一部介助を受けることで安全に入浴することができる
  • 血圧の変動による頭痛やめまいの症状があるため、浴室での起き上がりや立ち上がりの際にふらつきがあり、危険であるためヘルパーの入浴介助が必要と思われる
  • 肩の痛みや下肢の筋力低下、起居動作時に痛みやふらつきがあり、入浴時は特に危険である。ヘルパーの入浴介助により安全に入浴することができる
  • 転倒による骨折のため腰痛・膝痛があり、歩行が不安定である。浴室内は滑りやすく、さらに危険性が高まる為、ヘルパーによる入浴介助が必要である
  • 膝痛があり歩行が不安定で浴室での移動時に転倒の危険性がある。ヘルパーの入浴介助を受けることで、安全に入浴することができ、身体の清潔が保たれる

排泄

  • 下肢筋力の低下が見られ、立ち上がりが不安定で排泄時に転倒の危険性がある。ヘルパーによる、定期的なトイレ誘導と介助が必要である
  • 麻痺からくる可動域制限によりトイレでの排泄は困難である。ヘルパーによる定期的なオムツ交換により、身体の清潔を保持することができる

通院介助

  • 医師の療養上の指示や助言を聞き、本人の生活に反映できるようにしている
  • ヘルパーによる通院介助を受けることで、病状の悪化を予防できている
  • 下肢筋力低下に伴い、自力で外出することは困難である。ヘルパーによる通院介助により、定期的に医師の管理を受けることができ、安心して生活することができる
  • 関節リウマチにより両下肢の可動域に制限があり、歩行状態が不安定なため、一人で買い物や通院することは困難な状況である。ヘルパーによる介助を受けながら安全に通院や買い物を行うことで、なんとか自立した日常生活を送ることができている
  • 車いすであるため一人での外出は困難である。定期受診はヘルパーの介助を受け、安全に通院することができる
  • 病気の再発を予防するため、日々の健康状態の把握に努めている
  • 歩行が不安定で独力で外出することは困難である。介護者も高齢で通院介助をすることは難しいため、ヘルパーによる通院介助が必要である

残存機能

  • 『いつまでも自分の家で生活したい』という強い思いがあるため、自分でできること自分で何とか行えている
  • 残存機能を活用し、心身機能の維持・向上が図れている
  • 出来ることはしてもらい、出来ない部分をヘルパーによる支援で補っている
  • 骨折した部位の負担に配慮しながら、出来ることは出来る限りご自分で行ってもらい、出来ないことをヘルパーによる支援で補っている
  • できることはご自分でしてもらうように促しており、なんとか残存機能は維持できている

負担軽減

  • 長期にわたる入院生活のため体力が落ちて、身の回りの家事を自分一人で行うことは困難になっている
  • ヘルパーの家事援助を受けることで、日常生活の負担を軽減することができている
  • ヘルパーによる援助により、介護者の負担が軽減できている

在宅生活継続

  • ヘルパーによる援助を受けることで日常生活上の困りごとを解決され、少しずつ気力や体力が回復してきている
  • ヘルパーによる支援を受けながら、少しずつ困り事を減らしていくことができている
  • ヘルパーによる側面的な支援を受けながら、なんとか在宅生活が継続で来ている
  • 介護サービスや地域の見守り支援を受けることで、住み慣れた自宅での生活が継続できている

緊急時対応

  • 緊急時に対応が取れるように連絡体制が整備できている

デイサービス

入浴

  • 環境を整備することで、安心して入浴できている
  • デイサービスに通うことで身体の清潔が保たれている
  • 起居動作時に痛みがあり、転倒リスクも生じている。デイサービスで職員の介助や見守りの中で入浴する必要がある
  • 血圧が高く、貧血であるため起き上がりや立ち上がりの際にふらつきがある。デイサービスで職員の見守りや介助を受けることで、転倒リスクを軽減でき、安全に入浴できる
  • 血圧の変動による頭痛やめまいの症状がある。職員の見守りと介助があるデイサービスで入浴することで、安全と身体の清潔が確保され、快適な生活を送ることができる
  • 腰痛や膝痛が続いており、起居動作が不安定である。自宅での入浴は困難であり、介護者の負担も大きいので、デイサービスでの入浴が適切と思われる
  • 自宅で転倒し大腿骨頸部を骨折し入院。その後、下肢筋力の低下が見られ、起居動作が不安定となった。デイサービス職員による見守りや一部介助により、浴室内での立ち座りの際、身体への負担が軽減され、安全に起居動作が出来るようになる
  • 調子が悪い時には立ち上がりがスムーズに出来ず、浴室内は特に転倒の危険性が高くなる。本人にとっても介護者にとっても入浴中の介護は大きな負担となっている。デイサービスでの入浴が適当と思われる
  • 転倒による骨折のため腰痛・膝痛があり、本人のQOL(生活の質)が著しく低下している。起居動作時の痛みと、筋力低下により転倒することもしばしばある。介護者も高齢で、充分な介護は期待できない。身体清潔の保持のためにはデイサービスでの入浴が適切と思われる
  • 入浴動作の自立のためにも、自分でできるところ(体の前面の洗身等)は自分でやってもらう
  • 脳血管障害による麻痺及び高次脳機能障害があり、浴室での立ち座りは負担が大きく、自宅での入浴は転倒の危険がある。介護者も高齢で充分な介護ができないため、デイサービスでの入浴が必要である
  • 膝と腰に痛みがある。起居動作は筋力低下と痛みから不安定となり、特に入浴中は転倒のリスクが高い。デイサービスで介助を受けながらの入浴を検討したい
  • 浴槽(湯舟)にしっかり入ってもらうことでリラックス効果が高まり、精神的にも安定することが期待できる
  • 立ち上がりは負担が大きく、またバランスを崩して転倒の危険性もある。デイサービスで入浴することで、介護者の負担と転倒リスクが軽減できる

食事

  • 食堂まではなんとか自分で移動されている
  • 食事を楽しみにされており、食事の声かけをすると笑顔になる
  • 好き嫌いが激しく、好きなものしか食べず嫌いなものにはほとんど手を付けない
  • 最近は食欲がなく、ご飯の量を減らしてほしいと希望されている
  • 食後の服薬を嫌がられ飲むことを拒否されることがある
  • 箸の運びもスムーズで摂食嚥下も問題なく食事をされている
  • 食事中も気が散るようで、自ら食べようとされないため、職員が定期的に声かけをしている
  • 食事介助が必要であるが、なかなか口をあけてくれず、介助に時間を要している
  • 食事を口いっぱいに詰め込んで、誤嚥する危険性があるため定期的に見守り声かけが必要である
  • 自力で食べることは可能であるが、食べこぼしが多く声かけや一部介助が必要である

他者との交流 外出機会

  • 他者との交流や外出の機会を作ることで、生活に楽しみや役割ができている
  • デイサービスに通うことで、日々の生活に楽しみを生まれ、生きがいのある生活が継続できている
  • デイサービスを利用することで、生活の中で役割や生きがいが持てるようになってきている
  • デイサービスを利用することで、友人との交流や外出の機会が確保でき、生活に楽しみや生きがいが持てるようになっている
  • デイサービスを利用することで毎日に楽しみを取り入れ、生きがいのある生活が継続できている
  • 外出の機会を確保することで、介護者の時間が確保されストレスや介護負担が軽減される
  • 外出の機会を確保することで、生きがいや楽しみのある生活が継続できている
  • 外出の機会を確保することで、日常生活の活動領域の拡大を図れている
  • 自宅での生活が長い為、心身の機能が低下している。生活意欲の向上と生活領域拡大のためにデイサービスの利用が必要
  • 車いすの操作に慣れ、自走できるようになることで、本人の外出意欲を高める
  • 人との交流や外の空気を感じることで、本人の生きがいづくりと、介護者の負担軽減につながっている
  • 他者と交流をすることで日常生活の活性化を図り、生活意欲が向上している
  • 通所サービスで友人や職員との会話や、レクリェーションに参加することで生きがいづくりにつながっている
  • 通所サービスのご利用にも慣れて、気の合う仲間や職員と話をしたり、食事をしたりすることを楽しみにされている
  • 通所サービスを利用することで、なんとか外出の機会を確保し、家族の介護疲れ軽減につながっている
  • 日中も自宅で過ごすが多く、日常生活全般にわたって気力や体力、意欲もなくなってきている
  • 歩行が不安定なので外出することについて消極的になっている。交流の場への参加や趣味活動を行うことで、本人の自立へのお意欲を高めることができる
  • 毎日の活動量が低下してきているので、デイサービスで他者との交流や運動の機会を確保していく必要がある

機能訓練 リハビリ

  • デイサービスに通うことで心身機能の低下を予防し、日常生活動作が維持出来ている
  • 下肢筋力低下に伴い転倒のリスクが生じている。下肢筋力の増強と安全に生活できる環境の整備が必要である
  • 現在のADLの中で、出来ていることと出来ていないことを確認して、リハビリ専門職に相談しながら、リハビリ内容を検討していく
  • 今後もリハビリを継続することで、下肢筋力の低下を予防し、さらに外出意欲を高めていくことができる。そのためには転倒の予防のために見守りと安全な環境整備が必要
  • 退院後は意欲が低下し、下肢筋力も低下してきている。以前のように散歩に一人で行けるように、リハビリを継続して筋力・体力の向上を図る必要がある
  • 通所サービスでリハビリを行うことで身体機能が維持できている
  • 通所サービスで機能訓練を受けることで、身体機能が維持できている
  • 定期的にリハビリする事で、自身で行なえる生活動作が増えてきている

健康管理

  • 医療機関による健康状態の管理や医療処置、療養生活の相談や助言を受けることで、安心して生活を継続できている
  • 通所サービスで看護師による健康管理を受けることで、病状の悪化を予防できている
  • デイサービスを利用することで、心身共に良い状態が保たれている
  • 病状や服薬状況等の情報を主治医をはじめチーム全員でしっかり共有できている

負担軽減

  • 家族の介護負担を軽減することで、安定した在宅生活が継続できている
  • 介護者の負担軽減を図ることで、お互いがストレスなく生活できている
  • 通所サービスを利用することで、家族も、本人の表情が明るくなってきていることを喜んでおり、これからも継続して利用することを望んでいる

残存機能

  • できることは自分でしてもらうことで、残存機能の維持向上が図れている
  • 残存機能を活用することで、心身機能が維持されている
  • デイサービスに行くことが自分の役割となっており、今後も継続して利用していく必要がある

ショートステイ

食事

  • 食堂まではなんとか自分で移動されている
  • 食事を楽しみにされており、食事の声かけをすると笑顔になる
  • 好き嫌いが激しく、好きなものしか食べず嫌いなものにはほとんど手を付けない
  • 最近は食欲がなく、ご飯の量を減らしてほしいと希望されている
  • 食後の服薬を嫌がられ飲むことを拒否されることがある
  • 箸の運びもスムーズで摂食嚥下も問題なく食事をされている
  • 食事中も気が散るようで、自ら食べようとされないため、職員が定期的に声かけをしている
  • 食事介助が必要であるが、なかなか口をあけてくれず、介助に時間を要している
  • 食事を口いっぱいに詰め込んで、誤嚥する危険性があるため定期的に見守り声かけが必要である
  • 自力で食べることは可能であるが、食べこぼしが多く声かけや一部介助が必要である

負担軽減

  • ショートステイを利用することで、家族の介護負担が軽減され、在宅生活が継続できている
  • ショートステイを利用することで、家族の介護負担が軽減され、ゆとりを持ちながら在宅介護が続けられるようになってきている
  • 介護者のレスパイトのためショートを利用する必要がある
  • 介護者の出張時にショートステイを利用できるようにする必要がある
  • 介護者の体調不良時には、今後も緊急ショートステイが利用できるようにする必要がある
  • 介護者の旅行時にショートステイを利用できるようにする必要がある
  • 介護者も高齢であり、充分な介護は期待できない。ショートステイの利用による介護者の負担軽減が必要である
  • 現在の本人の身体状況および介護者の状況等を総合的に勘案すると、在宅介護は困難であるため、ロングショートステイを利用し特養の空きが出るのを待つ
  • 在宅介護に対するストレスや負担は大きく、今後も在宅生活を継続させていくには、介護者が自分の時間を作ることが必要で、そのためにはショートステイの利用が妥当である
  • 独居の為、台風の接近時には安全確保を目的として、ショートステイが利用できるようにする必要がある
  • 夫婦二人で在宅介護を継続させるには、介護者の負担を軽くする必要があるためショートステイを利用する
  • 風水害時には、安全確保のためにショートステイを利用ができるようにする必要がある

他者との交流 外出機会

  • いろいろな人との交流や行事参加をすることで、本人の役割と生きがいが取り戻さ、また介護している家族の負担も軽減されている
  • ショートステイを利用することで、他者との交流や外出の機会が確保され、意欲的に生活できるようになってきている
  • 外出の機会を確保することで、介護者の時間が確保されストレスや介護負担げが軽減される。
  • 自宅での生活が長い為、心身の機能が低下している。生活意欲の向上と生活領域拡大のためにショートステイの利用が必要
  • 車いすの操作に慣れ、自走できるようになることで、本人の外出意欲を高める
  • 病気になってから意欲が低下し、以前やっていたことも中断されている。以前のように生活に楽しみを取り戻してもらえるように、外出の機会を確保し他者と交流できるようにする
  • 歩行が不安定なので外出することについて消極的になっている。交流の場や趣味活動を行うことで、本人の自立意欲を高めることができる

機能訓練 リハビリ

  • ショートステイにおいて定期的に機能訓練をする事で、自身で行なえる生活動作が少しずつ増えてきている
  • 下肢筋力低下に伴い転倒のリスクが生じている。下肢筋力の増強と安全に生活できる環境の整備が必要である
  • 現在のADLの中で、出来ていることと出来ていないことを確認して、リハビリ専門職に相談しながら、リハビリ内容を検討していく
  • 今後もリハビリを継続することで、下肢筋力の低下を予防し、さらに外出意欲を高めていくことができる。そのためには転倒の予防のために見守りと安全な環境整備が必要
  • 本人の状況にあわせて無理のない範囲でリハビリを行うことで、筋力低下が予防できている

ロングショートステイ

  • 現在の身体状況や介護者等の状況を考えると、在宅での生活は困難であるため、引き続き特別養護老人ホームの入所待ちロングショートステイを継続していく必要がある
  • 新しい環境に少しずつ慣れて、他の利用者と心穏やかに過ごせるようになってきている
  • 本人の身体状況と自宅の生活環境、家族の介護力を考えると、自宅での生活は難しいと思われる。退院後はロングショートステイを利用することで、安全な生活環境と病状管理ができる環境を確保し、安心して生活できる

生活リズム

  • ショートステイを利用することで、生活リズムを整い、在宅での生活が継続できている
  • 声かけ・見守りすることで、精神状態が安定し、安心してサービスが利用できている

独居

  • 一人暮らしであっても、安心して日常生活が送れるように、できない部分を介護サービスで補っていく必要がある
  • 一人でも生活できるように、日常生活の困りごとをサポートしていく必要がある
  • 一人で過ごすことに不安が大きい為、本人が安心できる連絡体制を作っていく必要がある
  • 一人暮らしが安心してできるように、健康管理や緊急時体制に十分配慮していく必要がある
  • 外出の機会や他者との交流の機会を作り、生きがいのある毎日が送れるようにする必要がある
  • 緊急時に対応が取れるように体制を整備していく必要がある
  • 残存機能を生かして、自分で出来ることが増えるようにする
  • 心身機能を維持し、ご自身で行えることが増えるようにする
  • 心配ごとや不安なことがある時に、いつでも相談できるように体制を整とえていく必要がある
  • 身体機能の低下を予防するために、リハビリを継続していく必要がある
  • 水分摂取や栄養管理に十分気をつけ、体力が増進できるようにする必要がある
  • 他者と交流をすることで日常生活の活性化を図り、生活意欲を向上させていく必要がある
  • 日々の健康管理、病状の把握を行うことで病気の予防・早期発見を行っていく必要がある
  • 無理のない範囲で日常生活の活性化を図り、心身機能の維持できるようにしていく必要がある

認知症高齢者

  • 家庭での役割を維持・継続させ、家族や友人との楽しい時間が過ごせるようにする必要がある
  • 介護者の負担を軽減し、安心して在宅介護が続けられるようにする必要がある
  • 専門医を受診し、精神的に安心して過ごせるようにしていく必要がある
  • 認知症介護に負担を感じ、日々ストレスが増大してきており、今後も夫婦での生活を継続していくには、認知症進行の予防と外出の機会を確保することで、介護者の負担を軽減していく必要がある
  • 他者との交流や外出の機会を確保して、気分転換を図り前向きに過ごせるようにしていく必要がある
  • 他者と交流をすることで日常生活の活性化を図り、生活意欲が向上していくようにしていく必要がある
  • 認知症の進行に伴い、身の回りのことご自分で行うことが難しくなってきている
  • 無理のない範囲で生活の活性化を図り、「認知症の進行予防」「心身機能の維持」を図る必要がある
    外出の機会を持ち、心身の活動性を高めていけるようにし、日常生活に生きがいと役割を持ってもらうことで、認知症の症状緩和に繋がる
  • 認知症の症状の緩和と進行防止のため、他者と関わりを持ち、これまで生活してこられたこだわりや、強い思いを大切にして、その中から生きがいや役割を見つけもらえるようにする
  • 認知症の状態をしっかりと把握して、症状の緩和と進行を防止していく必要がある
  • 認知症の進行防止に努めながら、他者との交流の機会を持つことで、活動的に過ごすことができ、夜はゆっくりと安眠できるようにする
  • コミュニケーションは理解しやすい言葉かけを行い、本人の尊厳と理解度に配慮した声かけを行っていく必要がある

訪問看護 病院受診

多職種連携

  • ケアチーム全体で情報の共有ができ、ご本人と家族のサポートができるように、定期的に顔を合わせる機会を設ける必要がある
  • 主治医と連携を取り、病状の管理をしっかりと行うと同時に、毎日の栄養と運動管理も実施して、病気の再発を防止し、自宅での生活が安全に安心して継続できるようする必要がある
  • 専門医を定期的に受診することで、精神的に安心して生活することができている
  • 多くのサービス提供者(機関)との連携を密にし、スムーズにサービスが提供できるようにしている
    本人の希望される在宅生活を少しでも継続していくために、関係機関での情報共有・連携を行っていく必要がある
  • 医療と連携することで、病状の把握や指示に基づく健康管理が行えている
  • 医療機関との連携を密に行うことで、痛みや苦痛が適切にコントロールできるようになっている

病状管理

  • 医師や看護師による医学管理を受けながら、安心して自宅での生活ができるようにしていく必要がある
  • 主治医による訪問診療および訪問看護により、適切な医療処置が行われている
  • 定期通院を行い医師の指示のもと、病状管理を行っている
  • 主治医の病状管理を受けて、出来る限り病気の進行、再発を防止していく必要がある
  • 医療・介護サービスを利用することで、安全に安心して在宅生活を続けることができている
  • 退院直後であるため体調管理に注意しながら、1日でも早く自宅での生活に慣れ、健康に過ごせるようにする必要がある
  • 痛みや痺れを緩和し、本人の困りごとや悩みを解決できる介護サービスを提供していく必要がある
  • 日々の健康管理、病状把握を行うことで病気の予防と異常の早期発見ができている
  • 定期的な病院受診により病状の観察をして、異常が早期に発見できるよう注意していくと同時に、ケアチームが速やかに情報共有できるようする
  • 心配ごとや不安なことがある時に、いつでも相談できるよう体制を整備している
  • 一人暮らしの為、栄養管理や健康管理が十分にできない状況である。ヘルパーによる家事支援を受けることで、栄養や服薬の管理が行えている
  • 各関係機関との連携を強化していくことで、病状の悪化、事故等が防止で来ている
  • 急な体調変化も考えられるため、訪問看護による日々の健康状態の把握が行えるようにしている

服薬

  • 確実に服薬できる体制を整えることで、病状の安定が図れている

脳血管疾患

  • 脳出血の既往があり、今後も再発を予防する事が重要である
  • 血圧管理や栄養管理を十分に行い、また無理のない範囲で体を動かすことで、脳出血の再発リスクを低減していく必要がある

呼吸器疾患

  • 呼吸器疾患のため、在宅酸素療法継続中である。入院生活が長く、下肢筋力の低下が見られるため、無理のない範囲で運動療法を行い、筋力・体力の回復を目指すと同時に、在宅酸素管理を医療機関としっかり連携していく必要がある

糖尿病

  • 糖尿病と高血圧の診断があり、体重が増加傾向にある。脳梗塞の再発リスクもあることから、今後は栄養管理、血圧管理、血糖値管理、運動促進に重点を置き、病状の安定と脳梗塞再発リスクを軽減する必要がある
  • 糖尿病の診断があり、今後病状悪化の危険性があるため、栄養管理と、血糖管理、さらに定期的に運動することで病状を安定させ、体力や意欲が向上していく必要がある
  • 病状が悪化しないように、定期的な病院受診と運動、栄養管理を行うことで、血圧と体重、血糖をしっかりとコントロールしていく必要がある

褥瘡

  • 褥瘡は完治していないため、医療的処置、栄養補給、清潔保持、患部の除圧に重点を置きながら皮膚の状態観察をしっかりと行っていく必要がある
  • 生活環境を整備することで、患部の除圧ができている
  • 介護保険サービスを利用することで、病状の管理と疼痛軽減、褥瘡の予防を行い、安心して不安なく生活できるようにする
  • 訪問看護を利用することで、患部の清潔が保持されている

パーキンソン

  • パーキンソン病のため、振戦や小刻み歩行、前のめり歩行になることで転倒する危険がある。今後も、病状悪化と転倒防止のために運動や内服治療を続けていく必要がある

リウマチ

  • 慢性関節リウマチにより両手指の変形や制限があるため、今後も医療機関としっかりと連携し、治療や服薬を適切に行うことで、痛みの軽減や病気の進行を予防していく必要がある

リハビリ

  • デイサービスでリハビリを実施することで、身体機能の維持向上図る
  • 今後も定期的な医師の診断と処方および、運動と栄養改善により脳梗塞の再発を予防していく必要がある
  • 今後も入浴の機会を確保し、身体の清潔保持ができるようにする必要がある
  • デイサービスで安全に入浴することで、身体の清潔を保持できている
  • リハビリによる身体機能の維持・向上を図る必要がある
  • 医療機関の定期受診により病状の悪化および痛みの緩和を行っていく必要がある
  • 下肢筋力が向上するように継続的にリハビリを行っていく必要がある
  • 外出の機会を確保することで家族以外の人との交流や気分転換ができるようにしていく必要がある
  • 外出の機会を作り、体を動かすことで筋力体力の向上を図る必要がある
  • 外出の機会を作ることで、本人の生きがいづくりと介護者の負担軽減を行っていく必要がある
  • 現在の筋力や体力が維持できるようにリハビリを継続していく必要がある
  • 身体機能の維持向上を図るため、今後もデイケアでリハビリを実施していく必要がある
  • 水分摂取や栄養管理に十分気をつけ、体力が向上していくにする必要がある
  • 他者と交流をすることで日常生活の活性化を図り、生活意欲を引き出せるようにしていく必要がある
  • 通所リハビリを利用することで身体機能が維持できている
  • 定期的にリハビリする事で、自身で行なえる生活動作が増えていくようにする必要がある
  • 夫婦で力を合わせて在宅生活が継続できるように、相談見守り体制を維持していく必要がある

ケアハウス 有料老人ホーム サービス付き高齢者向け住宅

  • サービス付き高齢者向け住宅での生活にも慣れてこられました。今後も定期巡回・随時対応型訪問介護看護を利用することで、1人で行うことが難しい入浴や家事等の支援を行い、施設での生活が穏やかに安心して暮らせるように支援いたします。また、福祉用具を利用し、安全に生活できる環境整備も行っていきます
  • サービス付き高齢者向け住宅で穏やかに生活が出来ている。一方で認知症の進行も見られ、できないことが少しずつ増えており、日常生活全般にわたり声かけや見守り、一部介助が必要になっている。認知症の進行防止と、生きがいづくりのために外出の機会を確保し、暮らしの中に楽しみと生きがいを持って生活できるように支援していく必要がある
  • 家族や施設職員の見守り・声掛け、また介護サービスの利用により穏やかな毎日を過ごされている
    季節の行事や趣味活動、レクリエーションに参加されることで、毎日の楽しみや生きがいづくりに繋がっている
  • 今後も、家族、施設職員、サービス事業所がチームで支援していく
  • 今後も、自分でできることは自分で行いながら、出来ないこと・困りごとはヘルパー援助や施設職員の介助により解決していけるようにし、現在の身体機能を保ち、楽しみをもって穏やかな生活が送れるようにする
  • 有料老人ホームにも慣れて、生活にリズムもできてきている。また少しずつ自分でできることも増えて毎日の生活も活性化してきている

福祉用具

特殊寝台(介護ベッド)及び付属品

  • 気持ちが不安定になりやすい事から不眠や頭痛などの症状が起こっている。不眠時での立ち上がりは意識がもうろうとして、転倒リスクがある為、安全な起居動作の為、特殊寝台(介護ベッド)が必要である
  • 起居動作時の痛みと、筋力低下により転倒することもしばしばある。介護者も高齢で、充分な介護は期待できない。本人の精神的・身体的苦痛および妻の介護負担を軽減する目的で、特殊寝台(介護べッド)が必要である
  • 仰臥位の際に上半身をギャッジアップすることで食道への逆流を防止し症状悪化が予防できるため、ギャッジアップ(背上げ)機能付きの特殊寝台(介護ベッド)が必要である
  • 血圧の変動による頭痛やめまいの症状がある。頭側をギャッジアップ(背上げ)することで、血圧上昇時の苦痛を緩和し、心臓への負担を軽減することができるため、特殊寝台(介護ベッド)が必要である
  • 肩の痛みや下肢の筋力低下のため起居動作時に痛みやふらつきがある。特殊寝台及び付属品を使用することで安全に動作が行え、転倒リスクを軽減できる
  • 腰痛や膝痛が続いており、起居動作や歩行が不安定である。特殊寝台(介護べッド)のギャッジアップ(背上げ機能)を使用することにより起居動作を安全に行うことができる。安心して在宅生活を継続するためには特殊寝台(介護べッド)が必要である
  • 転倒による骨折のため腰痛・膝痛が出現。現在も日常的に痛みの症状が現れ、本人のQOL(生活の質)が著しく低下しているため介護ベッドが必要である
  • 布団からの立ち上がりは負担が大きく、またバランスを崩して転倒の危険性もある。特殊寝台(電動ベッド)により高さを設定することで膝への負担と転倒リスクが軽減できるため、今後も必要である

車いす

  • 移動時に転倒リスクが高い。また時間帯による状態変化があり、常に状態にあった移動手段を確保する必要がある。安全に移動し、本人の負担を軽減するには車いすが不可欠である
  • 下肢筋力の低下も著しく、常に転倒のリスクを伴っている。『日常生活のことは出来る限り自分で行いたい』という本人の強い思いがあり、今後も通院や買い物などは自分で行い、活動領域を狭めることなく、自立した生活を送るには車いすが必要である
  • 外出時の移動には心臓への負担が大きく、状況によっては生命の危険も生じる可能性がある。安全な移動支援を行なうためには、心臓への負担軽減を最優先に考えて車椅子を利用する必要がある
  • 関節の可動域に制限がある。またしびれや痛みもあり、移動時に転倒の危険性が高い。移動行為以外における自立度は高く、本人のQOLの向上、活量範囲の拡大、安全な移動のためには車いすが必要である
  • 自力で歩行することは困難である。介護者である夫は高齢で介護に多くの負担をかけられない状況である。買い物や通院は夫の介助で行っているが、夫婦ともに安全に負担なく移動するには車いすが必要である
  • 小刻み歩行や前傾姿勢が顕著で、自宅でも毎日のように転倒している。屋外での長距離歩行はさらに転倒リスクが高まるため、安全に移動し、介護者の負担を軽減するには車いすが必要である
  • 日常的に転倒・骨折を繰り返しており疼痛の訴えが常時ある。歩行時の痛みと筋力低下により、屋内、屋外共に歩行することは困難であり、移動は車椅子を使用することで安全に行うことができる
  • 本人の精神的・身体的苦痛を軽減し、さらにベッド中心の生活から、活動領域を拡大していくためには車いすが必要である
  • 歩行時には痛みを伴い、筋力低下による転倒の危険性もある。安全な移動のために車椅子を利用することで、転倒防止を図り安全な移動が可能となる
  • 両下肢の麻痺や痺れ、可動域の制限があり、歩行状態が不安定である。『できる限り自分でできることは自分でやりたい』という本人の強い思いがあり、今後も活動領域を狭めることなく、自立した生活を送るには車いすが必要である
  • 両下肢の麻痺や痺れ、可動域の制限があり、歩行状態が不安定である。季節や時間帯によって症状の増悪があり、日常生活に支障をきたしている。『できる限り自分でできることは自分でやりたい』という本人の強い思いがあり、今後も活動領域を狭めることなく、自立した生活を送るには車いすが必要である

手すり

  • 腰痛や膝痛が続いており、起居動作や歩行が不安定である。手すりを使用することにより起居動作を安全に行うことができる。安心して在宅生活を継続するためには手すりが必要である
  • 自宅で転倒し大腿骨頸部を骨折し入院。その後、下肢筋力の低下が見られ、起き上がり・床からの立ち上がりが困難となった。手すりを使用することにより、起き上がり・立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した起居動作が出来るようになる
  • 転倒による骨折のため腰痛・膝痛が出現。現在も日常的に痛みの症状が現れ、本人のQOL(生活の質)が著しく低下している。起居動作時の痛みと、筋力低下により転倒することもしばしばある。本人の身体的苦痛および安全な起居動作のため手すりが必要である
  • 日により、また時間帯により身体状況が大きく変動する為、調子が悪い時には起き上がりがスムーズに出来ないことがある。夜間トイレに行く際も、起き上がりができずに失禁することが増えており、本人にとっても介護者にとっても大きな負担となっている。今後も在宅での介護生活を継続していくには、安全な移動と起居動作が可能となる手すりが必要である
  • 膝に痺れと痛みを有する。そのためバランスを崩して転倒の危険性もある。移乗・移動動作の際に、膝への負担と転倒リスクを軽減するために、手すりが必要である
  • 布団からの起居動作は痛みを伴い、また転倒リスクも生じる。手掛かりとなるものがあることで、安全に立ち上がりや起き上がり動作を行うことができるため、手すりが必要である
  • 麻痺及び高次脳機能障害があり、床からの立ち上がりは困難である。麻痺からくる可動域制限により転倒のリスクが大きく、安全に起居動作を行うには手すりが必要である
  • 両下肢の可動域に制限がある。そのため、床からの立ち上がりの際に痛みを伴い、転倒の危険性もある。安全な起居動作を行うために手すりが必要である

歩行器

  • 屋外での長距離歩行はさらに転倒リスクが高まるため、安全に移動し、介護者の負担を軽減するには歩行器が必要である
  • 下肢筋力低下とすり足歩行により、移動時に転倒リスクが高い。また時間帯によるオン・オフ現象があり、常に状態にあった移動手段を確保する必要がある。安全に移動し、本人の負担を軽減するには歩行器が不可欠である
  • 日常的に転倒・骨折を繰り返しており疼痛の訴えが常時ある。歩行時の痛みと筋力低下により、屋内、屋外共にフリーハンドで歩行することは困難であり、移動は歩行器を使用することで安全に行うことができる。本人の精神的・身体的苦痛を軽減し、さらにベッドや自宅中心の生活から、地域へと活動領域を拡大していくためには歩行器が必要である
  • 歩行時には痛みを伴い、筋力低下による転倒の危険性もある。安全な移動のために歩行器を利用することで、転倒防止を図り安全な移動が可能となる
  • 歩行状態が不安定で、体力的にも長時間の歩行が困難である。買い物や通院などの外出時には、安全に移動できる歩行器が必要である
  • 両下肢のこわばりが著しく、また可動域の制限があり、歩行状態が不安定である。季節や時間帯によって症状の増悪があり、日常生活に支障をきたしている。在宅生活や自立に対する強い思いがあり『通院や買い物は自分で行いたい』と望んでいる。しかし、公共交通機関が少ない地域環境のである為、外出するには安全に移動できる手段が必要である。今後も活動領域を狭めることなく、自立した生活を送るには歩行器が必要である

歩行補助杖

  • パーキンソン病の疾患があり、小刻み歩行や前傾姿勢が顕著で、自宅でも毎日のように転倒している。屋外での長距離歩行はさらに転倒リスクが高まるため、安全に移動し、介護者の負担を軽減するには歩行補助杖が必要である
  • 過度な動作は本人の心肺への負担が大きく、特に屋外の移動は本人にとって大きな負担となり、呼吸苦や疲労から転倒のリスクにもつながる。安全に安心して屋外を移動するには歩行補助杖が必要である
  • 腰椎圧迫骨折・胸部圧迫骨折のため、治療およびリハビリ目的で入院していた。そのため、歩行時には痛みを伴い、筋力低下による転倒の危険性もある。安全な移動のために歩行補助杖を利用することで、転倒防止を図り安全な移動が可能となる
  • 自宅で転倒し大腿骨頸部を骨折し入院。その後、下肢筋力の低下が見られ、歩行が不安定となった。歩行補助杖を使用することにより、身体への負担が軽減され、安全に歩行が出来るようになる
  • 日常的に転倒・骨折を繰り返しており疼痛の訴えが常時ある。歩行時の痛みと筋力低下により、屋内、屋外共にフリーハンドで歩行することは困難であり、移動は歩行補助杖を使用することで安全に行うことができる。本人の精神的・身体的苦痛を軽減し、さらにベッドや自宅中心の生活から、地域へと活動領域を拡大していくためには歩行補助杖が必要である
  • 歩行状態が不安定で、体力的にも長時間の歩行が困難である。買い物や通院などの外出時には、安全に移動できる歩行補助杖が必要である
  • 慢性心不全の為、短距離の歩行は可能ですが長時間の歩行は困難である。身体的な負担と痛みから、外出に対して消極的になり、閉じこもりになる可能性もある。歩行補助杖での安全・安楽な移動が不可欠である。歩行補助杖を使用することで、外出機会の確保や生きがいづくりにも繋がる
  • 両下肢の筋力低下が著しく転倒のリスクが高い。ほぼ毎日通院等で外出をしなければならないため、長距離の移動は大きな負担となっている。今後も通院・買い物といった社会活動の継続には歩行補助杖が必要である
  • 両下肢痛や腰痛、骨粗鬆症の既往があり、また下肢筋力の低下も著しく、常に転倒のリスクを伴う。『日常生活のことは出来る限り自分で行いたい』という本人の強い思いがあり、今後も通院や買い物などは自分で行い、活動領域を狭めることなく、自立した生活を送るには歩行補助杖が必要である