支援経過記録 文例

ケアプラン軽微な変更の文例(記入例)30事例

ケアプラン軽微な変更の文例集を作成しました。
支援経過記録にしっかりと内容を記載しておきましょう!

※軽微な変更はローカルルールが多数存在します。下記内容が該当するかは保険者に問い合わせてください

  1. 「軽微な変更」に該当する場合は、ケアプランに変更日時を記載して、同一用紙に見え消しで修正します。
  2. 支援経過記録にも、「軽微な変更」とした理由や内容を記載します。
    ※下記参照
  3. 利用者及び家族、第2表に位置付けたサービス事業所等に、「軽微な変更」の内容を周知し、支援経過記録にもその旨を記載します。
ケアマネじゃあ
ケアマネじゃあ
軽微な変更の処理を行う際のポイントは、ケアマネジメントプロセスを省略してもよいと判断した根拠を支援経過記録にしっかりと残すことです♪

【目標期間の延長】 

  • 短期目標の終了月である○月のモニタリング時点で,サービス提供の効果はある程度評価できるものの、短期目標を達成するためにはあと○か月同じ内容でサービスを提供していくことが妥当と判断し、利用者もそれを希望している。よって「ケアプランの軽微な変更」とし、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 短期目標の見直し時期であるが、利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

【サービス提供時間帯の変更】 

  • 毎週○曜日 午前○時~○時に位置づけていた訪問介護を、利用者等の希望により、毎週○曜日午後○時~○時に変更することになった。利用者の身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 毎週○曜日 午前○時~○時に位置づけていたデイサービスを、家族の都合により、毎週○曜日午後○時~○時に変更することになった。利用者の身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 毎週○曜日 午前○時~○時に位置づけていたデイサービスを、事業所の都合により、毎週○曜日午後○時~○時に変更することになった。利用者の身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

文例・記入例を活かしてケアプランを作るなら!/
→ ケアプラン作成ソフト【カイポケ】

♪登録は無料で簡単にできます♪

【サービス提供曜日の変更】 

  • 利用者の希望によりサービス提供の曜日が変更となった。(○曜日→○曜日)利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 毎週○曜日 午前○時~○時に位置づけていた訪問介護を、利用者等の希望により、毎週○曜日午前○時~○時に変更することになった。利用者の身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

【サービス提供回数の変更】 

  • ○○サービスの提供回数を現在の週1回から週2回に変更する。利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 当初は週1回で試行的に入れた○○介護のサービスを,利用者がサービス利用に慣れてきたため週2回に変更したい。利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 週○回利用していた通所介護を,家族のやむを得ない外出を理由として特定の週のみ週○回に変更する必要が生じた。利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 利用者は週2回の利用を希望していたが、事業所に空きがなく当面は週1回の利用を継続していたが、この度事業所側から『利用の空きが出来たので週2回利用可能』との連絡が入った。利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

【利用者の住所変更】 

  • この度引っ越しすることになり住所が変更となった。家屋アセスメントを行った結果、家族構成や住環境に変わりはなく、利用者の身体状況や現在の課題等に変更もないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 住民票上は○○町の住居に単身で居住となっているが、実態は○○町の長女宅で生活していた、この度住民票を移すことになったが、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 住民票上はA町に居住していることになっているが、実態はB町の老人ホームで生活している。このたび住民票を移すことにより、住所がA町からB町に変更となった。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

【単なる事業所の名称変更】 

  • 訪問介護事業所Aを利用していたが,同一法人の事業所と統廃合され,事業所Bを利用することになった。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 事業所の名称変更につき、利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

【福祉用具の同一種目における用具の変更】 

  • 福祉用具で同等の用具だが、この度価格の改定で単位数のみが変更となった。利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 車いすをレンタルしていたが,より軽く操作性のよい新しいモデルがリリースされたため,利用者の希望により新しいモデルに変更した。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

【目標もサービスも変わらない事業所の変更】

  • 訪問介護事業所Aの閉鎖により、以前と全く同じサービス内容で、訪問介護事業所Bをプランに位置付けることになった。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • A訪問介護による介護サービスを受けていたが、職員の体調不良等により急遽、対応できなくなったため、B訪問介護によるサービス提供に変更した。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • この度、2表に位置付けたインフォーマルサービスの利用回数が変更となる。利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • この度、2表に位置付けた家族による支援が変更となる。利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

【目標を達成する為のサービス内容の変更】

  • サービス内容に「○○」と記載していたが、サービス事業所でサービス提供を受ける中で、「○○」と表現することのほうが利用者の状況から適切と考えられる。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • この度リハビリの際に使う器具や、運動のメニューが変更となった。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 訪問介護による生活援助を受けており、2表のサービス内容には「居室の掃除」「ごみ出し」を位置づけていたが,近隣に住む○○が「ごみ出し」を手伝ってくれることになり介護保険のサービスからインフォーマルサービスに変更となった。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 目標を達成する為のサービス内容の変更につき、利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

【担当介護支援専門員の変更】 

  • 担当ケアマネが法人内の人事異動で担当を外れることになった。引継ぎ期間中に後任ケアマネはサービス担当者会議やモニタリングに同席し、利用者及び家族への紹介も終了した。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 担当ケアマネが退職することになり担当を外れることになった。引継ぎ期間中に後任ケアマネはサービス担当者会議やモニタリングに同席し、利用者及び家族への紹介も終了した。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 配置換えに伴い現在のケアマネが担当から外れ、新しいケアマネが担当することになった。後任のケアマネは引継ぎでの同行訪問やサービス担当者会議などで、利用者やサービス担当者と面識を有している。身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
  • 担当介護支援専門員の変更につき、利用者及び家族、また各サービス提供事業所に現在の状況を確認したところ、身体状況や現在の課題等に変更がなく、目標内容も変更の必要性がないため「ケアプランの軽微な変更」と判断し、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)

【感染症の拡大防止】 

  • 新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を受け、利用者の健康と安全確保、感染症の拡大を防ぐ観点から、会議で一同に会するのは不適切と判断した。利用者の状態に大きな変化が見られず、ケアプランの変更内容が軽微であると認められるため、本人及び家族へ説明し同意を得たうえで、居宅サービス計画書の変更部分を見え消し修正した。
    (※合わせて軽微な変更としたことを利用者及び家族、サービス事業所に周知させた。)
新型コロナウイルス介護記録文例(40事例)新型コロナウイルス関係で対応に応じた記録文例集です 国から臨時的な取り扱いが発表されていますので、その文例集を作成しました 支援経過記録...

支援経過記録(第5表)記入例・記載例 100事例 支援経過記録(第5表)の文例・記入例です ・記録の書き方がよくわからない・・・ ・文例・記入例を参考にして効率的に書きたい! ・監...
本日のまとめ

軽微な変更のポイント

①軽微変更とした根拠を必ず支援経過記録に記載する!
②変更品内容は利用者やサービス事業所で共有(周知)する!
③ローカルルールがよくあるので、迷ったら保険者に確認!

文例・記入例を活かしてケアプランを作るなら!/
→ ケアプラン作成ソフト【カイポケ】

♪登録は無料で簡単にできます♪