ケアマネジャーの主張

ケアマネが公正中立になれない理由

ケアマネは中立を保て!
ケアマネは自社サービスへの囲い込みをするな!

何度も言われるケアマネ批判である

ところで、ご存知だろうか?
数十種類ある介護サービスのなかで
介護保険開始以来、唯一収支差率がマイナスキープのサービス

それこそが、居宅介護支援つまりケアマネジャーのお仕事である

厚労省の提示したデータ 

しかし、赤字覚悟でケアマネ事務所を開設する法人は多い

なぜか?

それはケアマネ単体では経営は成り立たないが
系列のヘルパーやデイサービスへ利用者を紹介することを当て込んで
わざわざ赤字経営のケアマネ事業をするのである

そのように考えている経営者は山ほどいる!

過激な言い方をすれば
『ケアマネ事業は儲からんが、お客を連れてくるからやってるんだ!』
という具合だ!

ケアマネジャー自身も
独立で事業運営出来ないこともあり
ケアマネの給料をデイの儲けから出してもらっていようものなら

『ケアマネは公正中立である!』と声高らかには言えないのである

心の奥に『デイサービスに養ってもらっている・・・』
という後ろめたさがあるので、公正中立にサービスを選択出来ないのだ

デイサービス側もケアマネが公正中立を叫ぶのなら
『独立した経営をしろよ!』
と言いたくもなるだろう
金を出せば口も出したくなるのが人情というものだ

この『介護保険開始以来 収支差率マイナス』という不名誉な称号
ケアマネの専門職としてのプライドを傷つけ、おとしめ
囲い込み利益誘導という悪行をも

『仕方ないさ・・・』

というあきらめの気持ちにさせているのではないだろうか?

ケアマネが本来の役割を果たすためには
単独経営が可能な介護報酬は必須である

図1