ケアマネの教科書

ケアマネとして禁止されてはいるが実際は・・・

介護業界には禁止されているルールは多々あるが
わかっちゃいるけど、実際はなかなかね〜
といったグレーなルールがある

◆秘密保持の原則(個人情報の保護)

あるケアマネ関連の雑誌にこんな記事があった

街中で利用者に会っても声をかけてはならない
なぜなら、周囲に介護サービス利用者であることを知らせることになるから

と・・・

う〜ん

まあ、プライベートであれば
『こっちも好き好んで駆け寄って話しかけたりするもんかい!』
とツッコミを入れたくなったが

偶然気づかずに近くにいた場合や
向こうから話しかけられた場合

無視したり逃げたりすれば信用無くすし ケアマネ変更されるぞ おい!

しかも
街中で、話しかけたら介護利用者とわかってしまうって
どれだけ介護業界で有名人なんだよ
『俺と言えば介護関係者!』ってどんな奴?

もちろん大声で『〇〇さんデイサービス行ってますか?』
などのプライバシーのかけらもないことを言えば別だが・・・

ふつう街中で会えば挨拶したり、声くらいかけないかい?

またこんなケースもある

◆利用者から金品その他財産上の利益を収受してはならない

これも厳しい・・・

もちろん、金品は頂けないことを何度も説明してはいるが
このようなパターンは断りにくいぞ

・訪問中、お茶やコーヒーが出てきた場合
・畑で取れた農作物を渡される場合
・手作りのお菓子等が出てくる場合

本当ならば、このような場合もお断りしなくてはならないのだろうけれど

出されたお茶を飲まずに帰れるかい?

面談の最中に家族が席を立って、台所でお茶の準備をし出しても
私のために入れているのかどうかもわからないのに

『お構いなく!』
『お茶は結構です』
なんて言えるかい?

『畑でみかんが採れたので味見してみて?』
と言われて断れるかい?

『てめぇ〜 うちの畑で採れたみかんが食えねぇ〜って言うのか!』
くらいのことは言われるかもしれない

断っても、カバンの中に押し込もうとしたり
車に無理やり載せようとするつわものもいるぞ!
図1

以上のように
決まり決まりと言っても
人と人との付き合いで、なかなか避けられないこともあるんだな〜 これが