ケアマネの教科書

皆さんご存知のケアマネジャー?

ケアマネジャーの初回面談(インテーク)は
ケアマネから利用者へアプローチすることはほとんどなく
たいてい利用者や家族から、ケアマネの事務所などへ相談の連絡がある

しかし、ここでケアマネは注意が必要だ!
向こうから連絡をくれるくらいだから
『当然ケアマネのことを理解してくれている』と思ったら大間違いである

『向こうからの飲みに行こうと誘ってきたんだから、当然おごってくれるんだろう』
くらいの勘違いである。
おごる気なんてサラサラないのである

義理チョコを本命チョコと間違うくらいの勘違い野郎である
仕方なくあげているに過ぎないのである

利用者や家族は、介護のことに悩み
病棟の看護師さんに相談し
または市役所の窓口に相談し
ある時は民生委員に相談し

みんなが口をそろえて
『ケアマネに連絡してみたら!』
と言うので、よくわからずに連絡しました
と言うケースがほとんどで
ケアマネが何者かもわからずに
とりあえず相談の連絡を入れているに過ぎないのである

『さあお待ちかね! 皆さんご存知のケアマネジャーの登場ですよ!』
といったテンションで相談を受けると痛い目に合う

『デイサービスに行きたいのに、なぜこの人がしゃしゃり出てくるのだろう?』
くらいの認識なのだ!

後々のトラブルを防ぐためにも
ケアマネとは何者なのかをきちんと説明しておく必要がある
図50

関連記事:ケアマネとは何者か?