ケアマネあるある川柳

【ケアマネあるある】加算・減算に振り回される

介護報酬が4月に改定された

表向きは6年ぶりの報酬単価アップなどと大々的に言われているが
実際にそうだろうか・・・

厚労省のお役人様は『メリハリをつけた!』
という聞こえの良い響きのスローガンを掲げ、国民をだましているが
その言葉をわかり易く通訳すると『加算と減算の雨あられ』ということだ・・・

お役人様は
『頑張って加算を取ればなんとか経営は出来ると思います』
とすまし顔でおっしゃられるが
que-13173306978

その加算を取ろうとした場合
必要となる人員や書類の手間を考えれば
とても採算の合うものではない・・・

ペットボトルのお茶代程度の報酬UPで多大な要求・・・

これじゃあ町内会の清掃活動と同じじゃないか!
『はい 清掃お疲れ様! これ持って帰ってね♡』
「ペットボトルのお茶 イラスト」の画像検索結果

あまりにも費用対効果が悪く、とても加算を算定できるものではない!

また一方で
減算規定が厳しくなり
減算を避けるために、誰がどう見ても必要と思えない書類作りに日々追われ
利用者そっちのけで書類作りに励む・・・

時計を見れば『もうこんな時間・・・』

働き方改革で早く帰りましょう?
労働を司る厚生労働省様のルール変更でドンドン帰りが遅くなるんですけど

「書類に追われる」の画像検索結果
『やっとできた!』

汗水たらしてパソコンにかじりついて
出来上がった書類を見て・・・

『誰が見るねん!』
『誰のための書類やねん!』

というやるせない感情が心の底から湧き出てくる・・・
その後は疲労感と徒労感情けなさから
なぜか目から汗が流れてくる・・・

これがまさに介護現場の現状である
介護報酬アップなど夢のまた夢・・・

特に大儲けしようなどと思っていないが
せめて家族を養っていけるだけの収入がほしい
そんな当たり前のことが
『出来ない』『口に出せない』『かなわない』

そんな中でも事業を継続させ、なんとか利用者を守ろうと
知恵を絞って経営努力を続けいているのであるが
それもそろそろ限界に近いのではないか・・・

いずれにしても
社会保障費を削減したい厚労省の思惑通りになったわけだ・・・

心から『おめでとう』と言いたい!

 図5