ケアマネ文例・記入例集

福祉用具購入の理由(文例 記入例)50事例

福祉用具購入の理由(記入例・記載例)を作成しました。
(50事例)

・ケアプランの2表
・支援経過記録
・福祉用具購入理由書

などでご活用ください!

※今後、用具の品目・種類・事例を随時増やしていきます!

シャワーチェア

変形性膝関節症により浴室での立ち上がりは負担が大きく、またバランスを崩して転倒の危険性もある。シャワーチェアにより高さを設定することで膝への負担と転倒リスクが軽減できる。
心疾患があり、血圧の変動による頭痛やめまいの症状がある。シャワーチェアを活用し、座面を適切な高さに調整することで、血圧変動時でも安全に立ち座りができるようになる。
事故の後遺症による肩の痛みや下肢の筋力低下のため起居動作時に痛みやふらつきがある。シャワーチェアを使用することで安全に立ち座り動作が行え、座面も安定するため、転倒リスクを軽減できる。
骨粗鬆症により、腰痛や膝痛が続いており、起居動作が不安定である。シャワーチェアを使用することにより起居動作を安全に行うことができ、座位保持も安楽にできるようになる。
転倒による骨折のため腰痛・膝痛が出現。現在も日常的に痛みの症状が現れ、本人のQOL(生活の質)が著しく低下している。起居動作時の痛みと、筋力低下により転倒することもしばしばある。介護者も高齢で、充分な介護は期待できない。浴室内で安全に立ち座りを行い、安定した座位を保持するためにシャワーチェアが必要である。
血圧が高く、貧血であるため起き上がりや立ち上がりの際にふらつきがある。シャワーチェアを使用することで安全に起居動作が行え、転倒リスクを軽減できる。
腰部、胸部圧迫骨折により入院の既往あり。そのため、浴室での起居動作は痛みを伴い、また転倒リスクも生じる。シャワーチェアの高さ調整・背もたれ・ひじ掛けを活用することで、安全な立ち座りと、座位保持が可能となる。
血圧が高く下肢の浮腫が著しいため、背もたれ、ひじ掛け付きのシャワーチェアを使用することにより、安全に起居動作と座位保持が可能となる。
関節リウマチにより両下肢の可動域に制限がある。そのため、立ち上がりの際に痛みを伴い、特に滑りやすい浴室内では転倒の危険性もある。安全な起居動作と座位保持のためにシャワーチェアが必要である。
慢性呼吸不全により在宅酸素療法を行っている。浴室での安全・安楽な呼吸状態を維持するには、座位姿勢を負担なく行えるようにする必要がある。そのためには高さ調整、背もたれの付いたシャワーチェアが必要である。
脳血管障害による麻痺及び高次脳機能障害があり、浴室での立ち座りは負担が大きく、麻痺からくる可動域制限により浴室内では特に転倒のリスクが高い。安全に起居動作を行うにはシャワーチェアが必要である。
腰部脊柱管狭窄症、変形性両膝関節症のため、膝と腰に痛みがある。起居動作は筋力低下と痛みから不安定となり、特に入浴中は転倒のリスクが高い。シャワーチェアの高さ調整や背もたれを使用することにより、安全で苦痛を軽減した起居動作と座位保持が可能となる。
癌末期の痛み、体力消耗が著しい。『自宅の浴室でゆっくり入浴したい』という本人の希望を実現するためには、痛みの緩和と安楽な入浴動作のサポート、転倒リスクの軽減が必要となる為、シャワーチェアの高さ調整機能と背もたれ、ひじ掛け等を活用することで、安定した起居動作、座位保持、転倒リスクの低減を行うことができる。
自宅で転倒し大腿骨頸部を骨折し入院。その後、下肢筋力の低下が見られ、起居動作が不安定となった。高さ調節ができるシャワーチェアを使用することにより、浴室内での立ち座りの際、身体への負担が軽減され、安定した起居動作が出来るようになる。
日により、また時間帯により身体状況が大きく変動する為、調子が悪い時には立ち上がりがスムーズに出来ず、浴室内は特に転倒の危険性が高くなる。本人にとっても介護者にとっても入浴中の介護は大きな負担となっている。今後も在宅での介護生活を継続していくには、安全な起居動作が可能となるシャワーチェアが必要である。

浴槽台

浴槽台
変形性膝関節症により可動域に制限があり、起居動作は負担が大きく、バランスを崩して転倒の危険性もある。入浴中、浴槽への出入りは特に転倒リスクが高く、浴槽台により適切な高さ設定と、立ち上がりのアシストを行うことで、安全な入浴が可能となる。
心疾患があり、血圧の変動による頭痛やめまいの症状がある。立ち上がり時はめまい症状からバランスを崩して転倒するリスクがある。浴槽台により立ち上がりしやすい高さ設定と、浴槽と洗い場の高低差を解消することで、転倒リスクが軽減できる。
骨粗鬆症により、腰痛や膝痛が続いており、起居動作や歩行が不安定である。浴槽台により適切な高さ設定と、立ち上がりのアシストを行うことで、膝や腰への負担と転倒リスクが軽減できる。安全に入浴するためには浴槽台が必要である。
転倒による骨折のため腰痛・膝痛が出現。現在も日常的に痛みの症状が現れ、本人のQOL(生活の質)が著しく低下している。起居動作時の痛みと、筋力低下により転倒することもしばしばある。介護者も高齢で、充分な介護は期待できない。特に入浴介助は介護者にとって大きな負担となっている。浴槽台により立ち上がりしやすい高さ設定と、浴槽と洗い場の高低差を解消することで、本人および介護者の負担を軽減することができる。
血圧が高く、貧血であるため立ち上がりの際にふらつきがある。浴槽からの立ち上がりの際、浴槽台を使用することで安全に起居動作が行え、転倒リスクを軽減できる。
関節リウマチにより両下肢の可動域に制限がある。そのため、浴槽からの立ち上がり時にバランスを崩して転倒の危険性もある。また、浴槽の出入りをする際も不安定であるため、立ち上がり及び浴槽への出入りを安全に行うために浴槽台が必要である。
脳血管障害による麻痺及び高次脳機能障害があり、浴槽からの立ち上がりは不安定である。麻痺からくる可動域制限により転倒のリスクが大きく、安全に浴槽内の立ち座りと出入りを行うには浴槽台が必要である。
腰部脊柱管狭窄症、変形性両膝関節症のため、膝と腰に痛みがある。起居動作は筋力低下と痛みから不安定となり、転倒のリスクを常に伴っている。浴槽台で立ち座りしやすい高さにし、浴槽と洗い場の高低差を解消することで、安全で苦痛を軽減した入浴動作を行うことが可能となる。
自宅で転倒し大腿骨頸部を骨折し入院。その後、下肢筋力の低下が見られ、浴槽からの立ち上がりが困難となった。高さ調節ができる浴槽台を使用することにより、立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した起居動作が出来るようになる。
狭心症・心筋梗塞の既往があり、過度な動作は心臓への負担となり、生命の危険も考えられる。浴槽内で安定した起居動作を行うには、浴槽台が必要である。

浴槽内手すり(グリップ)

浴槽内手すり(グリップ)
変形性膝関節症のため膝に痺れと痛みを有する。そのため入浴時にバランスを崩して転倒の危険性もある。移乗・移動動作の際に、膝への負担と転倒リスクを軽減するために、浴槽内手すり(グリップ)が必要である。
心疾患があり、血圧の変動による頭痛やめまいの症状があるため、起き上がりや立ち上がりの際にふらつきがある。浴槽への移乗の際に、浴槽内手すり(グリップ)を使用することで安全に動作が行え、転倒リスクを軽減できる。
事故の後遺症による肩の痛みや下肢の筋力低下があり、起居動作時に痛みやふらつきがある。浴槽内手すり(グリップ)を使用することで、浴槽への移乗を安全に行うことができ、転倒リスクを軽減できる。
骨粗鬆症により、腰痛や膝痛が続いており、起居動作や歩行が不安定である。浴槽内手すり(グリップ)を使用することにより浴槽への移乗を安全に行うことができる。安心して在宅生活を継続するためには浴槽内手すり(グリップ)が必要である。
転倒による骨折のため腰痛・膝痛が出現。現在も日常的に痛みの症状が現れ、本人のQOL(生活の質)が著しく低下している。起居動作時の痛みと、筋力低下により転倒することもしばしばある。入浴時は、さらに転倒リスクが高まる為、本人の身体的苦痛および安全な浴槽への移乗動作のため浴槽内手すり(グリップ)が必要である。
腰部、胸部圧迫骨折により入院の既往あり。そのため、起居動作の際には痛みを伴い、転倒リスクも生じる。入浴中、浴槽への出入りをする際、手掛かりとなるものがあることで、安全に浴槽への移乗動作を行うことができるため、浴槽内手すり(グリップ)が必要である。
関節リウマチにより両下肢の可動域に制限がある。そのため、起居動作の際に痛みを伴い、転倒の危険性もある。入浴中、浴槽への安全な移乗・移動を行うために浴槽内手すり(グリップ)が必要である。
脳血管障害による麻痺及び高次脳機能障害があり、立ち上がりや歩行時にフラツキがあり、麻痺からくる可動域制限により転倒のリスクが大きい。入浴中、安全に浴槽への移乗・移動を行うには浴槽内手すり(グリップ)が必要である。
自宅で転倒し大腿骨頸部を骨折し入院。その後、下肢筋力の低下が見られ、起居動作や歩行が不安定となった。浴槽内手すり(グリップ)を使用することにより、起き上がり・立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した起居動作が出来るようになる。

ポータブルトイレ

ポータブルトイレ
パーキンソン病による振戦やすり足歩行により、移動時に転倒リスクが高い。また時間帯によるオン・オフ現象があり、夜間トイレまでの移動は転倒の危険を伴う。排泄の都度、介護者が起きて付き添うことは大きな負担となるため、夜間でも安心して排泄できるようにポータブルトイレが必要である。
パーキンソン病の疾患があり、小刻み歩行や前傾姿勢が顕著で、夜間トイレまでの移動は転倒の危険を伴う。排泄の都度、家族が起きて介助することは大きな負担となるため、夜間でも安心して排泄できるようにポータブルトイレが必要である。
関節リウマチにより両下肢のこわばりが著しく、また可動域の制限があり、歩行状態が不安定である。季節や時間帯によって症状の増悪があり、日常生活に支障をきたしている。在宅生活や自立に対する強い思いがあり『排泄は介助を受けたくない』と望んでいる。介護者に負担をかけず、安心して排泄するためにポータブルトイレが必要である。
胸腰椎圧迫骨折・胸部圧迫骨折のため、治療およびリハビリ目的で入院していた。そのため、歩行時には痛みを伴い、筋力低下による転倒の危険性もある。『オムツは絶対に使いたくない』という強い思いがあるため、安全面と自立支援のバランスを考えるとポータブルトイレでの排泄が適切である。
日常的に転倒・骨折を繰り返しており疼痛の訴えが常時ある。歩行時の痛みと筋力低下により、屋内をフリーハンドで歩行することは困難である。住宅の構造上、ベッドからトイレまでの導線に手すりを取り付けることは困難であるため、安全面に配慮するとポータブルトイレでの排泄が適切である。
脳梗塞後遺症による軽度の右麻痺があり、歩行状態が不安定で、体力的にも長時間の歩行が困難である。夜間トイレまでの移動は転倒の危険を伴い、排泄の都度、家族が起きて介助することは大きな負担となるため、夜間でも安心して排泄できるようにポータブルトイレが必要である。
変形性膝関節症により間接の可動域に制限がある。またしびれや痛みもあり、移動時に転倒の危険性が高い。夜間トイレまでの移動は転倒の危険を伴うため、安心して安全に排泄できるようにポータブルトイレが必要である。
慢性呼吸不全のため肺の機能低下が見られ、過度な動作は本人の心肺への負担が大きい。夜間トイレまでの移動は本人にとって大きな負担となり、呼吸苦や疲労から転倒のリスクにもつながる、安全に安心して排泄する為ポータブルトイレが必要である。
両下肢痛や腰痛、骨粗鬆症の既往あり。また下肢筋力の低下も著しく、常に転倒のリスクを伴っている。本人は『排泄の介助は絶対に受けたくない』と望んでいる。本人の尊厳を守り、介護者に負担をかけず、安心して排泄するためにポータブルトイレが必要である。
日により、また時間帯により身体状況が大きく変動する為、調子が悪い時には起き上がりがスムーズに出来ないことがある。夜間トイレに行く際も、起き上がりができずに失禁することが増えており、本人にとっても介護者にとっても大きな負担となっている。安心して夜間も排泄するにはポータブルトイレが必要である。