アセスメントを学びたい

アセスメントシートの弊害

ケアマネにはコミュニケーション能力が必要だ

コミュニケーション能力と言うと「話す能力」をイメージするが

ケアマネに求められるのはどちらかと言うと「聞く能力」

ケアマネは利用者や家族の思いに耳を傾ける事によって真のニーズを引き出さなくてはならない

 

その際、ケアマネにとって便利なようで邪魔になっているのは

アセスメントシートの存在だ

アセスメントシートは利用者の身体状況や家族状況、病歴など

聞き洩らしがない様に、必要な情報を網羅し、整理するにはとても便利だ

しかし

『これだけの事を聞かなければならない』

『シートの空欄を埋めなくてはならない』

という無言のプレッシャーがケアマネを襲う

空欄は『手抜き仕事』のようで、ケアマネには許しがたい状態なのだ

 

そうするとどのような事が起こるか?

利用者が熱く物語っている最中、次に聞く質問の事を考えてしまう。

つまり話を聞いていないのだ

 

例えば

『余暇の過ごし方とか、趣味などはありますか?』

『そうね~ 以前は近所の友人と囲碁をしていたりしたけどね~ 最近はしなくなったね~』

『そうですか~ ところで入浴についてですけど』

 

おい! そこはもっと話を深める所でしょ!
話し台無しである 

例えば、友人の事とか、囲碁の話とか、なぜ最近は囲碁をしなくなったのか?など

利用者も『え? もっと聞いてくれないの?』と不満を抱いている

 

自分の話を聞いてくれない人に、自分の本心を話すお人好しなど存在しない

カラオケで人の歌を聞かず、自分が次に歌う曲ばかり探している人とは

2度とカラオケには行きたくない

 

アセスメントシートの空欄は埋めたとしても
利用者のこころの空白は埋められないのだ!
 図31