ケアマネ文例・記入例集

住宅改修の理由(記入例・文例)200事例

住宅改修理由の記載例
厚生労働省が示している『住宅改修が必要な理由』のP2の書き方に準じています。

・・・なので  ・・・で困っている
➡・・・することで・・・が改善できる

という書き方見本(記入例・文例)を掲示しております。
住宅改修の理由書でご活用ください

①排泄

具体的な困難な状況(・・・なので・・・で困っている)

病気等よるもの

  • 下肢筋力が低下し、すり足歩行の為、バランスを崩して転倒の危険性がある。
  • 膝痛があり歩行が不安定で転倒の危険性がある。
  • 心疾患があり、血圧の変動による頭痛やめまいの症状があるため、起き上がりや立ち上がりの際にふらつきがある。
  • 事故の後遺症による肩の痛みや下肢の筋力低下があり、起居動作時に痛みやふらつきがあり危険である。
  • 骨粗鬆症により、腰痛や膝痛が続いており、起居動作や歩行が不安定である。
  • 転倒による骨折のため腰痛・膝痛があり、歩行が不安定である。
  • 筋力低下によりトイレの出入り口の段差に転倒する危険性がある。
  • 腰部、胸部圧迫骨折により痺れと痛みがあり、立ち上がりと歩行が不安定である。
  • 関節リウマチにより両下肢の可動域に制限があり、少しの段差にもつまずいてしまい危険である。
  • 脳血管障害による麻痺があり、歩行は見守りを要する。
  • 麻痺からくる可動域制限により転倒のリスクが大きい。
  • 下肢筋力の低下が見られ、歩行状態が不安定で転倒の危険性がある。
  • 腰痛と膝痛があり立ち座りの際に身体的負担が大きい。
  • 時間帯により身体状況が大きく変動する為、調子が悪い時には歩行と立ち上がりが不安定で危険である。
  • 下肢筋力の低下が見られ、居室からトイレまでフリーハンドで移動することは困難である。
  • 腰の痛みと痺れがありトイレまで支え無しで移動することは困難である。
  • 膝に痛みを抱えており、すり足歩行で数センチの段差にもつまずいて危険である。
  • パーキンソン病による振戦と小刻み歩行、前傾姿勢となりトイレまでの移動は危険である。

住環境によるもの

  • 居室からトイレまでの動線には手掛かりになるものがなく危険である。
  • トイレのドアが開き戸で開閉時に体を後ろに下げる必要があるため、不安定になり危険である。
  • トイレのドアの開閉時に不安定になりやすく転倒の危険性がある。
  • トイレの入り口には〇㎝の段差があり、つまずいて転倒の危険がある。
  • トイレの入り口には〇㎝の敷居があり、つまずいて転倒の危険がある。
  • 便座からの立ち座りの際に手掛かりになるものがなく、不安定になり危険である。
  • トイレの入り口には支えになるものがないため転倒のリスクが高い。
  • トイレでパンツとズボンの上げ下げをする際、手掛かりになるものがなく危険である。
  • トイレで立位を保ちながらズボン等の上げ下げをする際、不安定になり危険である。
  • トイレで立位を保ちながら陰部をふき取る際、支えになるものがなく転倒の危険性がある。
  • 排泄時に座位保持ができず不安定になり危険である。
  • 排泄後の後始末をする際に支えがなく、ふらついて転倒の危険性がある。

改修の方針(・・・することで・・が改善できる)

手すりの取り付け

  • トイレまでの動線に手すりを取り付けることで、安全にトイレまで移動することができる。
  • トイレの出入り口に手すりを取り付けることで、膝への負担と転倒リスクを軽減することができる。
  • 手すりを使用することで安全に便座の立ち座りを行うことができ、転倒リスクを軽減できる。
  • 手すりを使用することで安全に便座からの立ち上がりを行うことができる。
  • 手すりを使用することにより、安全にズボンの上げ下げを行うことができる
  • 手すりを取り付けることで、安全に排泄後の処理を行うことができる。
  • 手すりを取り付けることで、安全に陰部のふき取りを行うことができる。
  • 手すりを取り付けることで、安全に排泄中の座位を保持することができる。
  • 手すりの取り付けにより、本人の身体的苦痛を軽減し、安全な排泄動作が可能となる。
  • 手掛かりとなる手すりを取り付けることで、安全に便座からの立ち上がりを行うことができる。
  • 手掛かりとなる手すりを取り付けることで、安全な起居動作を行うことができる。
  • 手すりを取り付けることにより、介護者の身体的な負担を軽減することができる。
  • 手すりを取り付けることで、安全に排泄することができ、本人の精神的な不安や負担を取り除くことができる。
  • 手すりを使用することにより、立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した排泄動作が出来るようになる。
  • 手すりを使用することにより、安楽に排泄することができ、精神的な負担を軽減することができる。
  • 手すりを取り付けることで、容易にトイレからの出入りをすることができる。
  • 手すりを使用することで容易に便座からの立ち座りを行うことができる。

スロープ・段差解消

  • 出入り口にスロープを取り付けることで、安全にトイレへの出入りをすることができる。
  • トイレの出入り口の段差を解消することで、安全に出入りすることができる。
  • トイレ入り口の高低差を解消することで、安全に出入りすることができる。
  • トイレ入り口の敷居を撤去することで、安全に出入りすることができる。

開き戸を引き戸へ変更

  • 扉を開き戸から引き戸に変更することで、安全にトイレへの出入りすることができる。
  • トイレの戸を開き戸から引き戸に変更することで、バランスを崩すことなく安全に出入りすることができる。

和式便座から洋式便座

  • 便座を和式から洋式へ変更することで、安全に立ち座りを行うことができる。
  • 便座を和式から洋式へ変更することで、容易に便座からの立ち上がり動作を行うことができる。
  • 便座を和式から洋式へ変更することで、排泄時の座位保持を容易に行うことができる。
  • 便座を和式から洋式へ変更することで、排泄後の後始末がバランスを崩すことなく行うことができる。
  • 便座を和式から洋式へ変更することで、パンツ、ズボンの上げ下げを容易に行うことができる。

②入浴

具体的な困難な状況(・・・なので・・・で困っている)

病気よるもの

  • 下肢筋力が低下し、すり足歩行の為、バランスを崩して転倒の危険性がある。
  • 膝痛があり歩行が不安定で転倒の危険性がある。
  • 心疾患があり、血圧の変動による頭痛やめまいの症状があるため、起き上がりや立ち上がりの際にふらつきがある。
  • 事故の後遺症による肩の痛みや下肢の筋力低下があり、起居動作時に痛みやふらつきがあり危険である。
  • 骨粗鬆症により、腰痛や膝痛が続いており、起居動作や歩行が不安定である。
  • 転倒による骨折のため腰痛・膝痛があり、歩行が不安定である。
  • 筋力低下により浴室の出入り口の段差に転倒する危険性がある。
  • 腰部、胸部圧迫骨折により痺れと痛みがあり、立ち上がりと歩行が不安定である。
  • 関節リウマチにより両下肢の可動域に制限があり、少しの段差にもつまずいてしまい危険である。
  • 脳血管障害による麻痺があり、移乗動作は見守りを要する。
  • 麻痺からくる可動域制限により転倒のリスクが大きい。
  • 下肢筋力の低下が見られ、立ち上がりが不安定で転倒の危険性がある。
  • 腰痛と膝痛があり、立ち座りの際に身体的負担が大きい。
  • 時間帯により身体状況が大きく変動する為、調子が悪い時には移動・移乗動作が不安定で危険である。
  • 下肢筋力の低下が見られ、居室から浴室までフリーハンドで移動することは困難である。
  • 腰の痛みと痺れがあり浴室まで支え無しで移動することは困難である。
  • 膝に痛みを抱えており、すり足歩行で数センチの段差にもつまずいて危険である。
  • パーキンソン病による振戦と小刻み歩行、前傾姿勢となり浴室までの移動は危険である。

住環境によるもの

  • 居室から浴室までの動線には手掛かりになるものがなく危険である。
  • 浴室のドアが開き戸で開閉時に体を後ろに下げる必要があるため、不安定になり危険である。
  • 浴室のドアの開閉時に不安定になりやすく転倒の危険性がある。
  • 浴室の入り口には〇㎝の段差があり、つまずいて転倒の危険がある。
  • 浴室の入り口には〇㎝の敷居があり、つまずいて転倒の危険がある。
  • シャワーチェアからの立ち座りの際に手掛かりになるものがなく、不安定になり危険である。
  • 浴室の入り口には支えになるものがないため転倒のリスクが高い。
  • 脱衣所で衣類の着脱をする際、手掛かりになるものがなく危険である。
  • 浴室で洗身する際、支えになるものがなく転倒の危険性がある。
  • 洗身時に座位保持ができず不安定になり危険である。
  • 浴槽への出入り時に支えがなく、ふらついて転倒の危険性がある。
  • 浴槽と洗い場の移動・移乗時に支えがなく、転倒の危険性がある。
  • 脱衣所と洗い場の移動時に手掛かりになるものがなく危険である。
  • 浴槽内で手掛かりになるものがなく、姿勢保持ができず危険である。
  • 浴槽内での立ち上がりの際に、支えになるものがなく危険である。
  • 洗身時に姿勢保持ができず不安定になり危険である。

改修の方針(・・・することで・・が改善できる)

手すりの取り付け

  • 浴室までの動線に手すりを取り付けることで、安全に浴室まで移動することができる。
  • 浴室の出入り口に手すりを取り付けることで、膝への負担と転倒リスクを軽減することができる。
  • 手すりを使用することで安全にシャワーチェアの立ち座りを行うことができ、転倒リスクを軽減できる。
  • 手すりを使用することで安全にシャワーチェアからの立ち上がりを行うことができる。
  • 手すりを使用することにより、安全に衣類の着脱を行うことができる
  • 手すりを取り付けることで、安全に洗身することができる。
  • 手すりを取り付けることで、安全に洗い場と浴槽への出入りを行うことができる。
  • 手すりを取り付けることで、安全に洗身時の座位を保持することができる。
  • 手すりを取り付けることで、安全に浴槽内での座位を保持することができる。
  • 手すりの取り付けにより、本人の身体的苦痛を軽減し、安全な入浴動作が可能となる。
  • 手掛かりとなる手すりを取り付けることで、安全に浴槽からの立ち上がりを行うことができる。
  • 手掛かりとなる手すりを取り付けることで、安全に脱衣所と浴室の移動を行うことができる。
  • 手すりを取り付けることにより、介護者の身体的な負担を軽減することができる。
  • 手すりを取り付けることで、安全に入浴することができ、本人の精神的な不安や負担を取り除くことができる。
  • 手すりを使用することにより、立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した入浴動作が出来るようになる。
  • 手すりを使用することにより、安楽に入浴することができ、精神的な負担を軽減することができる。
  • 手すりを取り付けることで、容易に浴室からの出入りをすることができる。
  • 手すりを使用することで容易に浴槽からの立ち座りを行うことができる。

スロープ・段差解消

  • 出入り口にスロープを取り付けることで、安全に浴室への出入りをすることができる。
  • 浴室の出入り口の段差を解消することで、安全に出入りすることができる。
  • 浴室入り口の高低差を解消することで、安全に出入りすることができる。
  • 浴室入り口の敷居を撤去することで、安全に出入りすることができる。

開き戸を引き戸へ変更

  • 扉を開き戸から引き戸に変更することで、安全に浴室へ出入りすることができる。
  • 浴室の戸を開き戸から引き戸に変更することで、バランスを崩すことなく安全に出入りすることができる。

床材変更(滑りにくい素材)

  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、浴室内での転倒を防止することができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、浴室での移動を安全に行うことができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、立ち座りの動作を安全に行うことができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、バランスを崩すことなく安全に移動・移乗を行うことができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、バランスを崩すことなく浴室内の移乗・移動を行うことができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、水はけを改善し、バランスを崩すことなく安全に入浴動作を行うことができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、安全に浴槽と洗い場の移動を行うことができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、安全にシャワーチェアからの立ち上がりを行うことができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、洗身時の姿勢を保つことができる。

③外出

具体的な困難な状況(・・・なので・・・で困っている)

病気よるもの

  • 下肢筋力が低下し、すり足歩行の為、バランスを崩して転倒の危険性がある。
  • 膝痛があり歩行が不安定で転倒の危険性がある。
  • 心疾患があり、血圧の変動による頭痛やめまいの症状があるため、歩行や階段昇降の際にふらつきがある。
  • 事故の後遺症による肩の痛みや下肢の筋力低下があり、歩行や階段昇降時に痛みやふらつきがあり危険である。
  • 骨粗鬆症により、腰痛や膝痛が続いており、段差昇降や歩行が不安定である。
  • 転倒による骨折のため腰痛・膝痛があり、歩行が不安定である。
  • 筋力低下により玄関上がり框の段差に転倒する危険性がある。
  • 腰部、胸部圧迫骨折により痺れと痛みがあり、立ち上がりと歩行が不安定である。
  • 関節リウマチにより両下肢の可動域に制限があり、靴を脱ぎ履きする際、不安定になり危険である。
  • 脳血管障害による麻痺があり、段差昇降と移動は見守りを要する。
  • 麻痺からくる可動域制限により転倒のリスクが大きい。
  • 下肢筋力の低下が見られ、立ち上がりが不安定で転倒の危険性がある。
  • 腰痛と膝痛があり、立ち座りの際に身体的負担が大きい。
  • 時間帯により身体状況が大きく変動する為、調子が悪い時には歩行と立ち上がりが不安定で危険である。
  • 下肢筋力の低下が見られ、玄関から屋外までフリーハンドで移動することは困難である。
  • 腰の痛みと痺れがあり玄関から屋外まで支え無しで移動することは困難である。
  • 膝に痛みを抱えており、すり足歩行で数センチの段差にもつまずいて危険である。
  • パーキンソン病による振戦と小刻み歩行、前傾姿勢となり玄関での立ち座りは危険である。

住環境によるもの

  • 居室から玄関までの動線には手掛かりになるものがなく危険である。
  • 玄関のドアが開き戸で開閉時に体を後ろに下げる必要があるため、不安定になり危険である。
  • 玄関のドアの開閉時に不安定になりやすく転倒の危険性がある。
  • 玄関の上がり框には〇㎝の段差があり、昇降時にふらついて転倒の危険がある。
  • 玄関での立ち座りの際に手掛かりになるものがなく、不安定になり危険である。
  • 玄関と玄関アプローチには支えになるものがないため転倒のリスクが高い。
  • 玄関で靴の着脱をする際、手掛かりになるものがなく危険である。
  • 玄関アプローチの階段を昇降する際、支えになるものがなく転倒の危険性がある。
  • 玄関で靴を脱ぎ履きする際に立位保持ができず不安定になり危険である。
  • 玄関の出入り時に支えがなく、ふらついて転倒の危険性がある。
  • 道路から玄関までの移動・階段昇降時に支えがなく、転倒の危険性がある。
  • 道路から玄関までの移動時に手掛かりになるものがなく危険である。
  • 玄関には手掛かりになるものがなく、姿勢保持ができず危険である。
  • 玄関での立ち上がりの際に、支えになるものがなく危険である。
  • 階段昇降時に姿勢保持ができず不安定になり危険である。

改修の方針(・・・することで・・が改善できる)

手すりの取り付け

  • 玄関までの動線に手すりを取り付けることで、安全に外出することができる。
  • 玄関の上がり框に手すりを取り付けることで、膝への負担と転倒リスクを軽減することができる。
  • 手すりを使用することで安全に玄関での立ち座りを行うことができ、転倒リスクを軽減できる。
  • 手すりを使用することで、安全に玄関の段差昇降を行うことができる。
  • 手すりを使用することにより、安全に靴の着脱を行うことができる
  • 手すりを取り付けることで、安全に玄関と玄関アプローチの段差を昇降することができる。
  • 手すりを取り付けることで、安全に玄関から道路への出入りを行うことができる。
  • 手すりを取り付けることで、靴の着脱の際に姿勢を保持することができる。
  • 手すりを取り付けることで、靴の着脱の際に立位を保持することができる。
  • 手すりの取り付けにより、本人の身体的苦痛を軽減し、安全な階段昇降が可能となる。
  • 手掛かりとなる手すりを取り付けることで、安全に玄関での立ち上がりを行うことができる。
  • 手掛かりとなる手すりを取り付けることで、玄関と玄関アプローチへの移動を行うことができる。
  • 手すりを取り付けることにより、外出時の介護者の身体的な負担を軽減することができる。
  • 手すりを取り付けることで、安全に外出することができ、本人の精神的な不安や負担を取り除くことができる。
  • 手すりを使用することにより、玄関での立ち上がりの際、身体への負担が軽減され、安定した移動と階段昇降が出来るようになる。
  • 手すりを使用することにより、楽に移動することができ、外出の機会確保と生活領域の拡大につながる。
  • 手すりを取り付けることで、容易に外出することができ、活動範囲の拡大が図られる。
  • 手すりを使用することで安全に玄関を移動することができ、買い物や通院に安心して行くことができる。
  • 手すりを使用することで安全に玄関を移動することができ、楽しみであるデイサービスに行くことができる。

スロープ・段差解消

  • 玄関にスロープを取り付けることで、車いすでも安全に外出することができる。
  • 玄関の出入り口の段差を解消することで、安全に昇降することができる。
  • 玄関の高低差を解消することで、安全に段差昇降することができる。
  • 玄関の上がり框にステップを取り付けることで、バランスを崩すことなく昇降することができる。
  • 玄関の上がり框に踏み台を取り付けることで、安全に段差昇降を行うことができる。
  • 玄関入り口の敷居を撤去することで、安全に移動することができる。
  • 玄関の段差を解消することで、安全に移動、段差昇降することができ、買い物や通院に行くことができる。
  • 玄関の段差を解消することで、安全に移動、段差昇降することができ、楽しみであるデイサービスに行くことができる
  • 玄関の段差を解消することで、安全に外出することができ、活動領域の拡大と生きがいづくりに繋がる
  • 玄関の段差を解消することで、自分で移動することができ、介護者の負担を軽減できる。
  • 玄関の段差を解消することで介護量が減り、介護者の負担を軽減できる。
  • 玄関の段差を解消することで、安全に移動・階段昇降することができ、外出の機会を確保することができる。
  • 玄関から道路までの高低差を解消することで、車いすでも安全に移動することができる。
  • 玄関から道路までの高低差を解消することで、介護者の負担なく車椅子移動が可能となる。

開き戸を引き戸へ変更

  • 玄関扉を開き戸から引き戸に変更することで、安全に玄関の出入りをすることができる。
  • 玄関の戸を開き戸から引き戸に変更することで、バランスを崩すことなく安全に出入りすることができる。

床材変更(滑りにくい素材)

  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、玄関での転倒を防止することができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、玄関での移動を安全に行うことができる。
  • 床材を滑りにくい素材に変更することで、玄関での立ち座り動作を安全に行うことができる。
  • 玄関から道路までの床材を変更することで、車いすでも安全に移動することができる。