ケアマネジャーの主張

家族より家族らしい

高齢者介護の現場では

世間一般の常識が通用しないことがある
例えば、家族と言うの誰よりも家族を心配し、愛するものである
誰もが疑わない常識である

ところが、高齢者介護の現場では

『あなたそれでも家族なの?』
と言いたくなることがしばしばある

例えば

『認知症の利用者がいなくなった!』

地域の住民やケアマネはもちろん、介護関係者
大慌てで、探しまくる

ところが、同居の家族は
全く動いてくれない

こんなことはよくある

必死に探していると、なんで家族が動かないのにケアマネがここまで動くのだろうか?
という葛藤が起こる

冗談じゃない! 自分たちで探せよ!という気持ちになる

しかし、いつもこの『やってられるか!』の思いにブレーキをかけるのは
『利用者さんには全く罪はないんだよな〜』
と言う思いである

そう、利用者に対する思いが原動力で動いているのだ

本当はほっといて、家族が探せよ!
となるところを
利用者への思いから、体が動いてしまう

高齢者介護の現場はこんな事例ばかりだ