リーダーシップを学びたい

部下に仕事を頼むとき

管理者という立場上(なんちゃって管理者との声もあるが・・・)
部下に仕事を頼むことも多い

仕事を頼めば『はい』の二つ返事で受けるタイプと
ごちゃごちゃと不満を言い、理由を聞くタイプがいる

上司にしてみればごちゃごちゃ言わず、仕事を受けてくれる部下のほうが重宝する

しかし、よくよく観察してみると
イエスマンは文句や不満は言わないが、責任を足らないことがある
失敗しても『上司がやれと言ったので』で片づけるタイプ

ごちゃごちゃ不満をいうタイプは
問題意識を持ち、仕事をやるからには責任もってやりたい
それができそうにないから不満を言うこともあるのだ

この場合上司は
仕事の何をするか『WHAT』だけでなく
仕事のなぜ『WHY』 を説明しなくてはならない
この手のタイプは上司の言うことは黙って聞けの理屈は受け入れられず
なぜこの仕事をしなくてはならないのかをきちんと説明し、納得すれば
受け入れることが多い。

今の時代
黙って俺についてこいでは
振り返れば誰もいない・・・
になってしまうことを管理職は認識しなくてはならない